プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れたけど、

YATAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!(オイ
ついに!ついに125Lvになったよぉ!!!

っと、喜んだのは数日前のことですが。
いやー5次スキル実装してねぇ

早速習得だよ(
↓    ↓    ↓

続きを読む »

前回のあらすじ:輝月城の門番を倒し、先に進むイルシェ。
          そして、その数分後……

「ふぅ……やれやれ、やっとついた」
「あら? 少し魔力を感じるわ……これは戦った後ね」
「ええ、先ほど、結構な魔力を使っていたらしいですから」
「とりあえず……行こう」
「ああ」

そして、その頃……

『輝月城-火気の間』
下には燃え盛る火炎……
まさにそれは、温度のある部屋である……

「あちち……何、ここ……」

その時、赤髪の男が突然現れて、

「どうだ? この部屋の温度は?」
「あちぃな……で、お前は誰だ?」
「俺の名は、ヴォル・ソートニオ」
「……あ、もしかして」
「どうやら、妹が世話になったようだな?」
「やっぱり、でもよく病人を出せたわね」
「あいつはただ頑張り過ぎなだけだ……しかし、よく止められたな?」
「でも、ちょっと強引な手だったけどね」
「ハッ! まあいい……とりあえず二人でかかってきな!」
「へっ! いわれなくても行くぜ!」

また一方・・・

『輝月城-運命の別れ道』
城内だが、入ってしばらく廊下が続くが、
その途中で三つの別れ道。今、そこにいた……

「……三つの道か……どっちに行くんだ?」
「じゃあ、三つに別れましょう」

その時、下心がある二人が(バンッ!

「(シェイルと・・・)」
「(お嬢様と・・・)」

と、考えてるときに……

「(シルベールは右の道だけど……別れた可能性が高いわ……ここは……)」
「じゃあ、これで決めるか」

壁に書いたあみだくじ……
だけど、ちょっwww 複雑すぎだろww これww(

そして……決まった結果は……

「真ん中ね……」

と、サラサ。

「(右ですか……)」
「(右かよ……)」

あんたら……すごいがっかりしてるな。

「左か……じゃあ、あとでまた会おう」

と、シェイルがいう。
三つの道に別れたシェイルたち。
その頃の一方では……

続きを読む »

いやーww結構楽しい体験をしてきましたw
まあ、今日は初めて過ぎて夢中になってSSとりわすれたけどw

とりあえず、書きますw

えっと、今日はねw
シナリオクエストを進めました。

一応、アトランティスまでは進んだんだけど、その後がねw

まあ、色々あって、昨日することになりましたw

ジョアン・・・つぇぇ・・・
なんて強さだったwww
HPが一気に5分の1にwwwwwww
まあ、PTの人が助けてくれましたw

それでクリア。
そして・・・なんか退屈だな・・・っと思ってたそのときPTの人が

「Vも進めちゃうかwwwww」

という(
拉致されちゃいましたwwww

アクアリウムというルートを抜けてミッドガルドへ・・・w
そして、そこでシナクエを受けて・・・
ビフレスト(Lv130)という狂気の昇降エレベーターを登りました(・ω・`)
いやー;大変だったwww

それで、ついたのが、V・・・つまり、「ヴァルハラ」
中の敵は外のビフレストより弱かったwwwなんというwww
(ちなみに経験値はいってうまー(´ω`)だったw)

そんななか、SSのことを思い出し、とりましたw

SPSCF0119.jpg

いやーなんでとらなかったwwwっといいたいww(
まあ、そんなこんなでボスを倒しましたw
((・ω・`)←はチキンだったけどwww)

そして、V武器はもちろん弩を選びましたw
(二刀にしろよって話だけどwww)

ん~今日はこれぐらいかなw
またねwバイバイ_〆(・ω・*)w
いやー久しぶりの更新だね!

すっかり、ラテにはまりすぎちゃったよw

SPSCF0082.jpg

そうそう、これは・・・70ぐらいのときかな(
ギルマス(サブ)と一緒に狩ったんだw

SPSCF0087.jpg

これにはさすがにびびったおwwww
78Lvでこれだぜwwwww(
ちなみにフルボッコにされましたwww(

SPSCF0092.jpg

そして、転職。
80Lvからできるんだけど、これがまたびっくり。
この中に入って、変な穴に落ちると・・・

SPSCF0093.jpg

まあ、見ての通り(実はダメージ受けないという(
これだけで転職。
まあ、びびったけどw

SPSCF0094.jpg

転職後の狩りだぁ(
まあ、ナニを倒してるのかは・・・?w(

ああ、そうそう。
もう、サブもつくっちゃったんだよねぇw

SPSCF0105.jpg

鈍器盾のシールダー、ティーラ。
まあ、暇つぶしにって思ってたら。

最近の話になります(

SPSCF0113.jpg

いやーwww誘い寄せてこれとはびっくりしたよwwww
こいつらの攻撃全部「1」とかだぜ?wwww
他の職より防御力高すぎwwww

SPSCF0114.jpg

まあ、そして、こいつも転職しちゃったとwwwww

SPSCF0111.jpg

狩りの光景だぁ。
とりあえず、夏休み中には130にしたいな。

まあ、ここまでw
ふぅ・・・話溜めすぎたな(

続きを読む »

前回のあらすじ:ソロトに案内をさせたが、結果、結局迷ったと。
          その時現れたローシグアという者。
          アルクが相手をし、苦戦を強いられたがなんとか倒せた。
          そして、ある人物が、あることに気づく。


「ん? そういえば、ソロトという青二才、どこ行った?」

青二才って……wwww

「そういえば……どこ行ったんだ?」
「まあ、いいか。とりあえず、南の方角の城を目指そう」
「そうね」
「あ、それと、アルクはちょっと戦いは控えろ、今のでだいぶ力を使っただろうからな」
「う……うん」

ちょっとデレ顔じゃな(バンッ!
その頃、ある人物は……

「(一体何だろう……何でこっちに向かってるんだろう……?)」

そして……

「(え!? あの人は……!)」

幸が目にしたものは……

「ん……?」

突然、立ち止まるシェイル。
そして、少しその方向を見上げた……

「どうした? シェイル」
「ああ、いや……なんでもない(どこか懐かしい気配を感じたが・・・)」

そして、幸はこう思う……

「(今の……一体……どうして……?)」

あまりの衝撃だったのか、彼女は動揺していた。
その頃、イルシェたちは……

続きを読む »

はいはいwとりあえずは小説更新完了。
さーて、ラテのやつでも書くか。

とりあえず、髪型と顔を変えてみた。

SPSCF0075.jpg

これにwww(

ああ、それと・・・
やばい、ラテにはまりすぎて6周年でも来れないかもしれない・・・wwwwww

まあ、そうなったらごめんねみんな(・ω・`)(


まあ、今まで通り、更新はなんとか時間が空いたときにやるからw
んじゃ、時間がおしてるのでこれにて(・ω・`)
前回のあらすじ:イルシェたちが壁の中へ……
          その先は、なんと、シェイルたちもいる「裏の世界」だった
          そして、刺客が現れるが、
          ニアラと幸が相手するとのことでイルシェは先に行く。
          そして、ニアラはユレア、幸はサースリアを相手に。
          結果、ニアラが勝つがこの力は……
          そんな時、ある一人の人物が来る。

「やっと見つけた……今の魔力でやっと気づいたぜ」
「あ、シルベール」
「というか! 忘れるなよ! 俺のことをよ!」
「ごめんごめん、イルシェがすぐ行っちゃうもんだから……」
「ん? そういえば、そこにぶっ倒れてるのは?」
「ああ、病人なのに、無茶しようとするから寝かしておいたわ」

シルベールは少し間を空けて、こう回答した

「ああ、そうか……それで、イルシェ達は?」
「イルシェはあの城らしき場所に向かったと思うわ……幸は……」

その本人は…

「くっ!」

もうすでに決着がついた様だ……
もちろん、幸が勝った。

「なかなかだけど、そんな腕じゃ私には勝てないわ」
「悔しいわね……でも、なんで止めを刺さないの?」
「なんでかな……もうどうでもよくなってきちゃったのかもね」

その言葉を聞いたとき、黙り込んでしまった。
おそらく、彼女は勝負に負けたら死ぬと判断したのだろう。
相手は「暗殺者」だから。

「まあ、そんなことより、気になる事があるから、かもしれないわ。そんなことより、今はあの、ユレアって人を看病したらどう?」
「……え?」
「じゃあ……」

幸はすごい速度で走り去っていった……

「……あ! ユレア、大丈夫かしら」

続きを読む »

はい、どもwww
突然ですが・・・

In率が メイポ→ラテ にまたなってしまいましたwwwww

いやー・・・ちょっとメイポが面白くなくなってきてね・・・
まあ、6周年イベが始まるときには戻ってるから心配しないでね!

さて、ラテでの活動を・・・

まず、この前w

SPSCF0065.jpg

パンドラ行きましたwww(とはいっても見学だけどw

SPSCF0064.jpg

こんな感じにwwww(
んで、倒しましたw
まあ、自分がやったわけじゃないけどw

SPSCF0066.jpg

次に、豆木を登ってみた。

SPSCF0068.jpg

まあ、頂上についたんだけどねぇ・・・w

SPSCF0069.jpg

はいw当時ボスがいるなんて思いませんでしたwwwwwwwwwwwwwwww(
死にましたよwはいww

そういえば、ちょっと変えようかなとおもって・・・

SPSCF0072.jpg

とりあえず、これかな・・・(
まだしてないけどww


↓コメ返信 工房sみてね!

続きを読む »

前回のあらすじ:ソロトという少年が現れて襲ってきたが、
          シェイル一人により、倒され、さらには案内役までさせられるという。
          その頃、イルシェたちは、裏道に来た……
          そして、イルシェがそこの壁に触ると、すり抜けたのだ。
          その先には……

『ヘルニファルの町-裏世界』
飛び出た先は、先ほどの裏道だが、夜みたいになっていた……

「あれ? ここは……」
「ヘルニファルに間違いはないけど、「裏の空間」といったところかしら?」
「一体、どうしてこういうものが?」
「何かの陰謀ね?」
「そうとも考えられるわね」

すると、何か感じ取ったのか。

「(この気配は……?)」
「どうしたの?」
「あ、いや……」
「そういえば、いつもより余所見が多いんじゃ?」
「ごめん、ちょっとボーっとしていただけ(違うわ、いるはずないのに……)」

その時、少し間を空けて、イルシェが何かを察知したようだ。

「それはそうとして……どうしてそこで隠れているのかしら?」

「……ばれてしまいましたか」

そして、その声の主は…大体十四才ぐらいの少女。その少女は赤い炎のように見えるその服装をしていた。

「え? 何でわかったの? イルシェ」
「フフッ……だって、流れ出した魔力があるんだもの、あなた、そんな魔力をむき出しにして隠れるのは無謀よ?」
「それなら、いたしかたありませんね……私はユレア・ソートニオ。とりあえず、ここに気づいてしまったからには見過ごすわけには行きません」
「……まだ見たいだけど?」

幸がそう言う。
するとその時、また声が聞こえた…

「あら、こっちもね……」

という、女性の声、

「へぇ、やっぱり、もう一人いたのね……あなたの方はそんなに魔力は放出してないけどその程度でも気づくわ」

そして、その女性が現れる……その女性は、紫色のドレス、というのだろうか? まあそのような服装をしていた。

「へぇ~あんた、結構すごいわね……まあ、あんたらには悪いけど、そういうことよ」
「(ん? そういえば、誰か忘れてるような……)」

その誰かさんは……

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。