プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:真夜中の道を行くシェイルたち。
          西の町に向けて山脈を歩く……
          そして、町の光がやっと見えてきた。


「やっと町が見えてきたが……」
「そうだな……にしても、アンデットモンスターって……気持ち悪いなぁ」
「確かにそうだが、途中から急にアンデットモンスターばかりに遭遇するのはおかしいだろう?」
「全く、食事にならないわ」

※死者の血は美味しくない、むしろ不味い。とのことです……
おお怖(バンッ!

「おやおや? 気に入らなかったようで?」

と、その時、黒いローブで顔が見えない……そして男性の声……

「気に入る訳ないじゃない……それより、あなたは誰?」
「そうか……今度はもっと面白いのを用意してやろう。ああ、そうだ、我の名はガラベル・ロヘン」
「見たところ……死霊使い(ネクロマンサー)と言った所か?」
「死霊使いを知っているとは……さすが、あのお方の相手をするほどのことはあるな……」
「(あのお方……?)」
「それで? 何の御用ですか?」
「そうだな……これからやる遊びに付き合ってもらおうか?」
「言うわね、若者風情が……でも、私だけが相手してあげる」
「フハハハ! そちらこそ……」

そのとき、シェイルはサラサの目を見たが、まるで、一人でやろうとしてるのがすぐわかった。
そのために、

「……それなら俺らは手出し無用だな」
「護衛しましょうか? お嬢様」
「手出し無用、それと、そこの女も手は出さないように」

と、その目でにらめつける。

「は、はい」

その目によって行動が封じられたツンd(バンッ!

「さあ、さっさと始めましょう? まあ、どちらにせよ、あなたの負けは確定してるけど」
「ハハハ、その言葉そっくりそのまま返す」

そういうと、ガラベルが武器を構えた……
その武器は……杖と剣が合体したような武器、杖剣だった。
……そして、

「ゴースト・アガイスト」

次の瞬間、白い気(というか霊だけど)が集まって……
分身を3体作り出した。
「……分身か」
「ただ3人増えただけじゃない」
「それはどうかな?ベノンスレイヴ!」

武器の剣のほうを構えて、そして、毒々しい剣で切り裂く……と、同時に分身のほうも同じ様に切りかかってきた。
……が、余裕だと思ったような顔でひらりとかわすサラサ。

「残念ね」
「……速いな」
「早く攻撃しないと、すぐ終わってしまうわよ? 今ので、2つ技をかませるぐらいだもん」

サラサの爪と剣がぶつかって、はじかれた。
……その時、

「ソウルヴェノン」

今度は杖の方を構え、霊らしきものが複数現れ、さらに分身が消えると同時に大量の霊が現れ、サラサに襲い掛かる!
……だが、また、サラサは避ける。

「遅すぎるわよ? 本当に」
「ブレインベルク!」

武器を回して、そして、その回した所から音が響き渡る……
そして、霊が砂煙を上げながら空気を切り裂く……
さすがにこの攻撃は当たっただろう。 「普通」ならの話だが……

「……まさか、さっきのを避けるとは」

そう、姿はないが、避けていた。
なぜなら……蝙蝠に変身してたからだ。
その蝙蝠がたくさん集まり、元の姿に戻ったサラサ。

「それにしても、遅すぎだわ、遅すぎてタイミング崩しちゃったじゃない」
「なかなかの腕前だな……?」
「そういってる余裕あるのかしら? ……もう遅すぎるから、早く決めちゃうね」
「そんなつれない事を……」
「サーヴァントクライシス」

サラサが魔力の糸を撒き散らして……
そして、それがいきなり手のようなものに変わり……
さらにその手の指は針のように尖り、ガラベルの身体を貫いた……
複数の手があったのでまるで蜘蛛の巣に捕まった虫のよう……
そして、その男はその場に倒れる。

「す、すごい……」
「……信じられんな、その強さで、あいつが勝つとは」
「まあ、いい準備運動になったわ」
「お嬢様、お怪我はありませんか?」
「見たとおりよ? どこにもないわ」
「とりあえず、先に進むぞ」

……そして、先に進み、見えなくなるところまで行った時に、
なんと、立ち上がったのである……

「ふぅ……なるほど、組織にとっては厄介な存在であることはわかった。だが、まだ気にする程度ではないな……まあ、次会うときはもっと楽しんでもらおう」

そして、夜の闇の中へ消えた……



ふぅ、更新完了w

さて、次はメイポ日記。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/97-0d09a38f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。