プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:行き先に迷ってるときに、レモンと会った。
          外のモンスターの様子がおかしいといわれて、
          亜子はルイネルのいる空の階段へ行くといった。
          そして、空の階段へ向かうが・・・

『空の階段1』
ここはルイネルの前にある三色犬がいる場所。
丁度そのあたりについた。

亜子「ここだねぇw」
ひなぽ「ちょ、ちょっと・・・つかれた・・・」
みぉ「う、うん、たしかに・・・」
瑠音「ん~・・・さすがに強くなってない? ここのモンスターたち」
亜子「そうだね・・・って、ありたんは?」
ひなぽ「え? あれ? どこ行ったのかな?」
みぉ「どうせあいつの事だしw迷ったんでしょwwwww」
亜子「そうかな?」
瑠音「ありたんは頑丈だから大丈夫でしょwwww」
ひなぽ「とりあえず、休憩しようよ・・・つかれた」
亜子「うん」

そして、座り込む4人。
また、会話を始める。

瑠音「そういえば、レモンが怯えてたっていってたよね」
亜子「うん、たしかに・・・そのことと関係あるのかな?」
ひなぽ「それにしてもなに? この跳び跳ね上がった強さは・・・」
みぉ「なにかあったのかな?」
亜子「・・・ルネイルのいる次の空の階段2にいってみると答えがあるかも」
ひなぽ「ん?・・・そういえば亜子sw」
亜子「何?」
ひなぽ「ルイネルのことを何でルネイルって呼んでるの?」

その時、沈黙が走る。

亜子「・・・な、ナンノコトカナ?」
ひなぽ「え? だから」
瑠音「そ、そのくらいにしていたほうが・・・w」
みぉ「まあ、呼び方間違えただけだもんね!w」

その時、グサッ!っという音がした。

瑠音「みおwwwwwwそれ行っちゃダメwwwwwwwww」
亜子「・・・orz」
みぉ「え? ああ、ごめんwww」
亜子「・・・まあとりあえず、そろそろ体力も回復してきたし、次へ――」

そのときだった。
上から大きなものが降ってきた・・・いや、正確には飛び降りてきた、か?

ひなぽ「ひゃぁっ! な、なに?」
亜子「気をつけて!」

その大きなものの正体は・・・
エリジャーだった。

みぉ「あれ!? なんでここにエリジャーが!?」
瑠音「そんなことは後! 今はエリジャーを退治するのが先!」

皆それぞれ武器を取り出た。
そして、戦闘になった。

いきなりのエリジャーの攻撃、角みたいなのをいくつも出してそれに紫色の雷撃が走る!
幸い、みんなかわせた。

ひなぽ「おっとと・・・」
みぉ「はっはー! 行くよ! ドラゴンスラッシャー!」

龍の闘気を纏った大降りの攻撃!
しかし、MISSが出た。

みぉ「え!?」
瑠音「下がって!」
みぉ「う、うん」

そしてみぉは後退して・・・

瑠音「ブランディッシュ!」

強力な二撃を何発もかますが・・・
エリジャーにダメージは少ししか聞いていないようだ。
そして、振り払われてしまう。

瑠音「きゃぁ!」
亜子「瑠音s!」

亜子がそれを受け止めて。なんとか激突は回避。

ひなぽ「瑠音s大丈夫!? ヒール!」

瑠音が受けた傷を回復。

瑠音「ん~・・・これは・・・」
亜子「明らかに強くなってるね・・・」
ひなぽ「ええ!? 大丈夫なの?」
みぉ「たしかに・・・普通なら当たるはずなのに」
ひなぽ「なら、ブレス!」

祝福の妖精が皆のステータスを上げる。

瑠音「とりあえず、瑠音さんがなんとか一撃を加えるから、亜子とみぉでかく乱してて、ひなは補助担当で」
ひなぽ「うん」
亜子「わかった、みぉ!」
みぉ「うん!」

亜子とみぉで攻撃を加えまくるが、やはり、あまり喰らってないようだ。
ダメージを食らったのをヒールで直すひなぽ。
そして、瑠音sの一撃が来る。

瑠音「はあぁぁ! パニック!」

コンボカウンターで溜められた猛烈な一撃、暗黒効果があるが、ボスなので効かなかったが、ダメージは相当行ってたらしい。

瑠音「やった! くらった!」
亜子「でも、まだ生きてる・・・」

エリジャーは立ち上がり・・・
そして、叫んだ・・・
すると、周辺にいた三色犬は黒く変化し、凶暴なルイネルと化した。

ひなぽ「え!?」
みぉ「な、何これ!?」
亜子「・・・どうやら・・・ちょっと大変ね、これは」
瑠音「うん・・・とりあえず、今の一撃を与えないと倒せないみたい」
亜子「コマかパニックか・・・コマはまだ試してないからわからないけど・・・」
瑠音「それでも・・・やるしかないよ!」
ひなぽ「そうだね」
亜子「行くよ! みぉ!」
みぉ「うん!」

先ほどのように攻撃してかく乱する。
瑠音は現れたルイネルにブランディッシュを放ち、コンボカウンターを溜める。
そして、瑠音が・・・

瑠音「行くよ! コマ!」

猛烈な混乱する一撃。
その一撃は周りのルイネルを巻き込み、エリジャーにあたり・・・
そして、ルイネルとともにエリジャーは倒れる。

ひなぽ「お、おわったぁ・・・」
みぉ「さすがに、ちょっとすごい疲れた・・・」
瑠音「亜子sの読みが当たってたね」
亜子「うん・・・でも・・・」
ひなぽ「・・・なんで、エリジャーがこんなところに」
みぉ「たしかに・・・」
瑠音「これは、ギルドに報告したほうがいいかな?」
亜子「そうだね」

そして、その場を去る・・・


ふぅwwww長くなったwwww
まあ、こんな感じw

久々に書いたけど、あまりよく思い出せなかったし(
ちょっと変な点があったかな?w

ああ、それと、今のエリジャー、何Lvぐらいだと思いますか?w
恐ろしいほどに強くなってますよw

ではっ!コメ(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/94-266c02cf


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。