プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:イルシェたちは「紅の館」の出来事が終わり、
          そのまま、サラサがくれた情報通り、「西の地」にある町へ向かった。
          一方、シェイルの方では、「アルカペルの図書館」の本を、全部読み終える。
          そして、「アクール」へ向かうべく、「レリア平原」に……
          その道中で、ナシルという謎の少年に会ったがすぐに退いてくれた。
          丁度、一日が終わるその時、着いたのである。


『アクール‐ギルド』
丁度、夜中だったので、昼にはにぎわっているギルドも、今では静かである……
しかし、受付はもちろんいたため、声をかけられた。

「あ、シェイル様。どうされたのですか? 確かに、三日後に現れるとは聞いてましたが、まさかこんなに早いなんて」
「ああ、予定が早く終わったんだ……本当は、昨日終わったから、すぐに帰ってくるつもりだったが……」
「そうですか、でもよかったですね、メンバーが、寝てる時間で……」

シェイルはあたりを見渡すと……

「……ああ、なるほど、確かに……アルクが言いたい事はわかった」
「そうですね……そういえば、アルクs」

その時、その静寂が騒がしくなる出来事が起きた

「シェイル! 帰ってきたんだな!」

ドアを蹴り、現れた……
というか、いちいちドアを蹴って開けるやついるか!

「噂をすれば影か……」
「来たんならこの状況なんとかしろよ!」
「無理」

2文字の即答で答えた……判断が早ぇな……シェイル。

「即答!? なんでそんなに早いんだ!」
「どう考えても、俺が言って直るとは限らないだろう」
「そ、それはそうだけどな……」
「もしかして、あれがあると、何か後ろめたいことがあるのか?」
「うぐっ!」

流石、シェイル…言葉に棘がある……
騒がしいアルクを一言で静寂に追い込んだ。

「とりあえず、フニム、イルシェ達は?」
「そのことなんですが、伝言です。「ここから「西の町」で待ってるから、早く来てね」だそうです」
「そうか……というより、場所ぐらいケータイで言っていけよ……にしてもよりによって、あの町か」

その時、声がした……

「ちょっと待ちなさい?」

という、九才の少女の声がした……

「ん? なんだ? いつからそこにいた? ついでに言うが、子供がギルド(こんなところ)で何の用だ?」

やっぱり棘あるよ! その言葉……
またそれにやっぱり反応した人物が……

「失礼な! お嬢様は貴方より遥かに年上ですよ!」

そう、こう来たらもうあの方しかいない……

「仕方がないわ、理沙。この姿なのだから」
「ですが……」
「とりあえず、何の用だ? こんな夜更けに……」
「そうね、あえて言うなら、その子達の場所は、私が把握してるわ」
「……で? ついていきたいと?」
「協力してくれるわよね? この話はどちらにも利点はあるわ?」
「協力も何もないが……(まあ、すぐに会わないとうるさいだろうからな……) その話、乗った」
「あら? 結構、早いのね」

そりゃ……例えて言うなら、真っ先に斬るタイプですからね……

「……ということだ、また長く留守になりそうだから、その間頼――」

と、その時。

「待った!」
「なんだ? まだあるのか?」
「(見知らぬ女に、シェイルは任せられない!) ……私も行く」
「……いいだろう」
「え?」

あまりにも早い判断だったため、少し戸惑ったようだ。

「どうせ、断っても、ついて行くつもりなんだろう? まあ、勝手にするがいい」
「……そうだな……勝手について行く」

そして、シェイルはフニムの方に振り向き……

「まあ、留守中、頼んだぞ?」
「わかりました。では、お気をつけて・・・」

そして、外で話を始めた……
『アクール‐市街地』
話が始まって十分程度……なぜかそれだけの時間で話がまとまった。

「なるほど……一回会って、何か理由があって戦った……か」
「私が、負けてしまう位、強かったわよ」
「まさかだとは思っていたが、吸血鬼だったとはな?」
「あら? 意外に気づかれるものなのね……羽隠しているのに」

羽隠しても雰囲気で大体わかるって……

「それで、貴方達はその事件を、個人的に調べていたと……」
「ああ、人をモンスターに変えてしまう、なんて話は、今まで聞いたこともないからな」
「あ、それって、もしかして召集されたときの任務で?」
「ああ、その通りだ。それで二日間、あの図書館で調べていたのだが……」
「何も見つからなかったのね」
「あ、あれだけの本の量を……よく読めたな」

と、若干焦り、呆れながらアルクがそう言う。

「まあ、そんな所だ……とりあえず、この状態だと、すぐ合流しないとうるさいからな」
「ニアラ達はもうついたと思うから、夜が明ける前に行かないとな」
「そうだな……じゃあ、急ごう」

そして、走る……ヘルニファルの町へ向けて……

『クレファス山道』
夜の山道は、魔物が多い。
だが、いつもと違いその量は溢れるほどだ……
そこに、時を止めて、さらに、ナイフの速度を速めて、敵を仕留めているのは長月。

「ふむ……時を止め、さらには、ナイフの速度を速め、殺傷力を上げてるのか」
「独自の戦術です」
「それに加え、吸血鬼の月光の魔力、ということか……ん? その傘は?」
「ああ、長旅になりそうだから持って来たのよ」
「お嬢様は、日の光と雨に弱いので……」
「なるほど……だが、そこまで旅がしたい理由は――」

その話をしようとするのを、引き止めるように。

「フフッ、何のことかしら?」
「いや、なんでもない」
「……気のせいだとは思うけど、ここのモンスター、いつもと違わないか?」
「その事なんだがな……この辺のモンスターはそんな強くないはずなんだが……」
「問題ないわ、かえって食事になるわ」

そう言って四人は深夜の道を歩く。



はい、今回も、少し言いできに修正できました。
いやー、やっぱりここで改めて確認すると修正部分がでてきますなぁw(

まあ、それなりにがんばります。

ああ、それと、そろそろ音楽を消そうかと考えてるんだ。
重いしな・・・w(オイ
ついでに、壁紙を変更するのも予定として入ってるぞw
んじゃ、その作業にとりかかるねw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/91-7128835a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。