プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:調理室にたどり着き、そこで待っていたのは、
          先日イルシェとぶつかった女性。
          長月 理沙と名乗る。そして、また時間の楯と…… 
          宮崎がその長月と戦う事になる。
          決着はついたのだが、勝敗はいかに……
          その頃……

『紅の館‐紅い月の部屋』

「ロックブレスト!」
「リーヴァテイン!」

イルシェは、大鎌に岩をつけて突き攻撃。
そして、サラサは魔力で形成された赤い剣で攻撃
……その結果、刺し違えた。

「くっ!」
「……へぇ……なかなかやるね」
「あなたもね」
「こんなに骨のある人間が、いるなんてね? 理沙以外に、考えられなかったわ」
「あなたに勝って、情報を聞き出すんだから、このぐらいの実力はないとね」
「でも、そういう相手ほど、吸いがいがあるっていうものよね」
「それはどうも。ただ、吸わせはしないけどね……!」
「それが、いつまで言い続けてられるかしら?」
「サンダーハーケン!」

雷を纏った大鎌で大振り……サラサはジャンプしてかわしたが、後の電撃でダメージ。

「……あら? これって後から出る電気にも影響するのね」
「そうよ」
「面白いわ、でも、これはかわせるかしら? ……ランス・アベリア!」

サラサは、魔力で形成された赤い槍ができた瞬間、それを投げる、さらにいうとその速度は物凄く速い!
結果、かわすのは不可能。

「くっ!」

その攻撃で体が宙に浮いたが、受身を取り、地面に立つ……そして、イルシェが……

「……そろそろ決着つけない?」
「いいわね、早く血を吸えそうだし」
「吸われるか、あるいは情報を吐くか、のどっちかね」
「さあ、始めましょう?」
「言われなくても……」

息を少しつき……

「エンブレイズグングニル!」
「エレクトリックザンバー!」

サラサは先ほどの魔力で形成されたさっきよりも紅い槍を大量に作り……イルシェは大鎌に雷撃を纏わせ……
そして、サラサはその槍を一つ飛ばしたとともに他の槍が飛ぶ!
また、イルシェは大鎌に溜めた雷撃を一気に放出して地面が荒れるほどの雷撃を放つ!
そしてそれがぶつかり合う……そして……
どちらかが倒れたような音がした……
その……どちらかというと……

「……ふぅ」

倒れたのはどうやら、サラサの方だったようだ。

「うぅ……やられたわ……」
「でも、こっちも危なかったわよ?」
「まさかあのときに、雷の盾を使うなんて……予想外、かつ器用ね」

そうなのである。
実は、ライトニングシールドを発動してダメージを軽減してたのである……

「でも、吸血鬼だから意味はないでしょ?」
「そうでもないわ……確かに死にはしないけど、体力ぐらいはあるのよ?」
「あら、そうなの? ……で? 私が負けた時、血を全部吸うつもりだったの?」
「いえ、違うわ。貧血程度で済むぐらいの血だけを吸うだけよ? それなら理沙は生きてないわ」
「(それじゃあ、あの事件とは無関係ね)」

と、少し早とちりしたと思ったイルシェ。

「それに、私は魔力が強い人間しか狙わないし、朝の日に当たるなんて、以ての外」
「ふ~ん」
「そういえば、約束だったわね」
「あ……で、どこ?」
「ここから西の地、そこでちょっと、変な事を言ってた人間がいたわね……「組織」とか」
「……それで?」
「私が言える事はこのぐらいしかないわ……とりあえず、疲れたわ……じゃあ」
「わかったわ、じゃあね」

サラサは蝙蝠になって消えた……

「とりあえず、戻るとしましょう」

そして、戻る……
仲間たちの元へ……


ふぅ~www
まあ、ここらへんですね。

いやーついに空の軌跡3ed買っちゃった(オイ
さっそくやってるよw

では、これにてw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/88-c47878ac


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。