プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『紅の館‐風の吹く部屋』
その部屋に入ると、いきなり少し強い程度の風が吹いていた。

「うわぁ~……風が強いなぁ」
「でも、外の風じゃないわね……」
「その通りだ……」

緑色の髪に赤と黒の服装の少年が暗いその部屋の影から現れた……

「ん? ……誰よ?」
「俺の名は、シルベール・クレイアムだ。……ああ、そうだ、一つ忠告しておくが、この部屋の風には注意したほうがいいぜ」
「一体、何があるのかしら?」

すると、シルベールと名乗る少年は、何かに気づいたような仕草をした。

「……そら来た」

その言葉を言い終えると、竜巻が発生した……
ある程度時間がたつと起こるそうだ……

「ちょっ! ……あぶなっ!」
「なるほどね……」
「この風を利用すると結構、有利になるぞ。それに加え、俺は風の気流を操ることができるんだぜ?」
「だけど、風を使えるのはあなただけじゃないよ?」
「そうか、そいつぁ面白くなりそうだ……じゃあ、遠慮なく行くぜ? この〈疾空の風〉がな!」

そういうと彼はダガーという武器を取り出し、構えた。

「エアナイフ!」

大量の短剣を飛ばしているが……

「あれ? どこを狙ってるの?」
「今にわかるさ!」

その時、なんと、ニアラの肌に傷が……

「痛っ……!」
「その攻撃には、ワイヤーを使用してるからな」
「へぇ~……よく仕込むんだね……まあいいや、イルシェ、幸、ちょっといい?」

肌を傷つけられたことに根にも(バンッ!

「え?」
「ちょっと、一対一でやってみたいの」
「ハハッ! 面白いな、気に入ったぜ! いいぜ、別に一人で来ようともな」
「……わかったわ、じゃあお願いね」
「とりあえず、がんばってね」
「うん」

そういうと、イルシェと宮崎は先に行った……

「……で、行かしてよかったのかな?」
「さあな……ただ、姫サマは楽しんでやれといわれたんでな、それだけのことだ……さあ、やろうぜ?」
ニアラ「そうね! カードウィンド!」

大量の切れ味たっぷりのカードを飛ばして、シルベールに当てる……

「くっ! やるな!」
「まだまだ続くよ! トルネードスロム!」

散らばったカードから突然竜巻が起こった……が、かわされた。

「おっとっ! いつまでもやられてばかりじゃねぇぜ? ストームブレード!」

投げた短剣から大きな風が発生!そしてニアラは回避しようとするが当たってしまう……

「うあっ! 意外だったよ、今の攻撃は……」

その時、シルベールはあることに気がついた……

「……この気流……そろそろ来るな」
「でも、あたしたちには、関係ないんじゃない?」
「そうだな! ……おら、行くぜ!」
「望むところよ!」

またさっきの竜巻が発生するが、今の二人にはもう通用しない……

「エアブレスストーム!」
「コカトリストルネード!」

二人の技が同時に発動して……
片方は赤い風を放ち、そしてそれが緑へと変化してくごとに風力が増し、
片方は風で形成された小鳥が舞い、そしてその風力を増す……
その風力はさっきの竜巻と混じり……極限まで達して……
爆発を起こした……結果、砂煙が発生した。

そして、砂煙が晴れる……
――なんと、二人は立っていた……が……

「――ごめん……みんな……」

血を吐き、ニアラが倒れそうになった、その時……

「ハッ……何寝ぼけた事を、言ってやがるんだ」

その時、シルベールも血を吐いた。

「――お前の……勝ちだぜ……」

両者、同時に倒れる……
結果は同士討ちと言った所だろうか?

『紅の館‐部屋の別れた廊下』
先ほどの音がここまで響く……

「……今の音」
「きっと、今のは……」

なんとなくだが、ここでイルシェたちは、ニアラが戦闘を終えたを悟った。

「行きましょう、幸」
「ええ」

そして、その廊下を走る……
また、その後、一つの部屋のドアを開ける。


また遅れたorz
最近時間間隔狂ってるからな・・・w

日記の方もちょっと停止かも・・・このままだとwwwww(オイ

まあ、それなりに・・・w
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/86-1744f17f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。