プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、とりあえず、時々こういうの書きたくなったらこれをやると(オイ

ちなみにストーリーにも少し関係する「かも」w





「ん?何かしら?」

暗い空間の中で声が響く。
そして、その質問に答えるは

「いきなり話をするなんていって悪かったな、ただ、報告がしたかっただけだ」

と、男性の声。

「あら?もう居場所がつきとめられたのかしら?」
「いや、そっちじゃない・・・それに、そう簡単に見つかる事じゃないだろ?」
「それもそうね・・・で?何なのかしら?」

すると、少し間を空けて言う。

「・・・入っていいぞ?」

そして、ドアが開く音がする。

「ここかぁ~・・・」

とまだ10歳ぐらいの少女がそういいながら部屋に入る。

「・・・その子は?」
「ああ、新入り・・・とでも言おうか?」
「そういうことね・・・でも、どうしていまさら? それに、あなたが誘うなんて珍しいじゃない?」
「まあな・・・これを聞いて、そう言っていられるかな?」
「何かしら?」

すると、

「その人がこの「組織」の首相?」
「ああ。そうだ・・・ただ、偽名を扱ってるがな?」
「ふぅ~ん」
「・・・話は後回しにして欲しいわね、私が驚く事でもあるというの? それに、その子の名前は?」

男性が少し微笑をする・・・
そして、こう口にした。

「ああ、名前は・・・だ、〈都市殲滅〉の異名を持つんだ」
「都市殲滅? ・・・なるほどね・・・あの事件はあなただったのね」
「そんなでもないよぉ~・・・ただ、楽しければそれでいいということね」
「まさかあなたが、あの「たった1日でLv10の危険者になった」という噂のね・・・」
「あはは、まあ、楽しませてくれるかなぁ?」
「ええ、こちらも十分に楽しくなっていきそうな気がしてくるわ・・・今度の作戦が楽しく成功するようにね?」
「・・・まあ、無駄話はそこまでだ」
「え~、つまんないじゃん」
「そうね、とりあえずあなたの介入は認めるわ」
「ふぅ・・・それじゃあ、失礼するぞ、・・・もな」
「は~い、じゃあ、またね」

そして、その場に一人残る。

「たったの1日でlv10の危険者か・・・まあ、私は危険者の域を超えてるからいまさら関係ないけどね・・・」

そして、こういう

「この、〈厄災空絶〉の私には・・・」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/76-5c7db386


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。