プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:シェイルは図書館にて調べものをしっかり進めているようだ。
          そんな中、レーテアという謎の女が話をかけてきた。
          会話を終えた後、ギルドに、戻る日にちを連絡した。
          一方、イルシェたちはアクールについた。
          そして、ギルドに帰還報告をした後、外に出た。

『アクール‐広場』
そして、なぜか広場に来た……

「ここでいいの?」
「うん。幸がそろそろ来るころかなって」

と、言った瞬間、指を鳴らす。
すると、即座に幸が駆けつけた。

「お、お待たせ!」
「早ッ!」

ツッコミごくろ(バンッ!

「え? そう?」
「初めてにしては、上出来ね」
「はい……」

すると、ニアラが、何かの臭いを察知する。

「あれ? でも、ちょっと焦げ臭くない?」
「そ、それは……」

彼女の言ったとおり、服がちょっと焦げていた……

「ほら、「呼び方は色々ある」って、言ったじゃない」

と、答えると大体想像がつくだろう。

「(なるほど……というか、やり方が黒っ!?)」
「で、どうするの?」
「ん~……どうしよう?」

その時、急いでいた人がイルシェにぶつかった。

「あ……!」
「あ、すいません……」

ぶつかった人物は、水色の髪に、白の服装。そしてまるで礼儀正しい人のような雰囲気を漂わせている女性……

「あ、こっちも、ちょっと、ボーっとしていたのよ、ごめんなさいね」

と、返して謝る。

「いえ、本当にすいません。急いでいたので……ではこれで……」

その人物は去っていた……

「何だったの? ……でも、あれ? 今の人……イルシェと似てる感じが、したような……」
「え? そうなの?」
「ん~、でも気のせいじゃない? だって、髪の色も違うし、第一あんなにかしこまってないわよ?」
「そ、そうよね……」
「それより、どうするの?」
「ん~? ……紅の館 (くれないのやかた)にいく?」
「紅の館? なんか物騒な名前ねぇ……」

幸の口から出した声は、少し焦っていったようにも聞こえた。

「どんなところなの?」
「例えばね……」

少し雰囲気を変えて。まるで、怪談話をするかのように。

「この町で、一人の少女がいました。その少女は、夜にしか現れないんだけど……」
――しかし、ある日の朝……
男性の変死体が、ありました……
その死体は、血が全部吸われて、亡くなったという……
そして……それを、追求していた人は……!


その話を聞くなり。幸はすごい震えていた。

イルシェ「ん?どうしたの?」

彼女は明らか怖いという雰囲気を出している所に……

「わぁぁーー!」
「キャァァー!!」

そうするとすごい驚いた声で……それも、すごい大きい声で叫んだため、イルシェはびっくりして黙り込んだ。

「こここここっこ、怖い……!」
「へぇ~……怖い話、苦手なんだ」

震えて、少し目には涙がある幸を、面白そうな目で見ているニアラ。

「怖いものは怖いの! イルシェは大丈夫なの!?」
「別に……怖がる理由もわからないわ。それで? その話の続きは?」

イルシェにしがみつく幸。それで、呆れた顔になっているイルシェ。
そして、イルシェは、続きを頼む、といわんばかりの顔で、そう質問した。

「あ~・・・ごめん、わからない、それにこの話に矛盾点が少しあるのよね」
「(出来ればその話はもうやめてほしい……)」

っと、心の中で、呟く幸であった。

「で、確かに少し矛盾点があるけど、その話があの紅の館とどんな関係が?」
「今回の事件と関わってそう、と予想したからよ!」
「適当な答えね……」
「でも、あそこって、普段、開いてないんじゃ?」
「ん~……まあ、今日は疲れたし、宿屋で泊まっていく?」
「そうして……」

幸は結構、疲れた顔で、そう言う。

「わかったわ」

そして……宿屋に行く……

『アクール‐宿屋-寝室』
アクールの宿屋は広く。部屋もその通り広い。
その寝室にいるイルシェたち。

「へぇ~、広いわね」
「あの話があるからね。同室じゃないと、怖いって、人がいるからね」
「(ああ……忘れかけていたのに……)」

すごい勢いで思い出したようだ、あの話の事を。

「もう夜だわ。寝ましょう」
「そうね」
「じゃあ、おやすみ」『アクール‐宿屋-寝室』
アクールの宿屋は広く。部屋もその通り広い。
その寝室にいるイルシェたち。

「へぇ~、広いわね」
「あの話があるからね。同室じゃないと、怖いって、人がいるからね」
「(ああ……忘れかけていたのに……)」

すごい勢いで思い出したようだ、あの話の事を。

「もう夜だわ。寝ましょう」
「そうね」
「じゃあ、おやすみ」

ふかふかベッドで眠る三人……
そして夜が来て、満月が出たとき……



さあ、どうも。今回も更新しました。
いやー、今日を逃すと小説更新しなさそうなんでねw 自分がw(

さて、ちょっと質問されたのですが、
w ←の意味はなんだといわれたのでここで答えておきます。
悪魔で自分の意味のとらえ方なんで、
悪魔で自分の意味のとらえ方なんで、
そこの所、(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
※大事な事なので二度言いました。


w とは「笑っている」という意味で使う。
と、自分は思うんだ(

さて、この後の展開が、どんな感じになっているのか。
まあ、完成してるけどねwww(


追記。

あーwwwwやっちまったwwww(
帰還を期間と誤字してしまったwwwwwww(

それとタイトル書き忘れたまたしちまったwwwwww(オイ

お騒がせしました(・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

Re: フェルスエート~序章~第六話「紅跡」

初コメ。
ってかコメントこっちの記事でいいの?

それと「w」は「(笑)」と同じ意味だから葉月sがいってるのと同じだよ~

Re: フェルスエート~序章~第六話「紅跡」

OKOK、てか、それでOkだよw

まあ、リンクどぞw(

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/69-e4e280ab


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。