プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:山の出口にたどり着いた時、
          突如として、飛んできた刃物……
          そして、現れたのは……黒と青の束装の女……
          どうやら、さっきの刃物はこの女の仕業のようだ。

「誰! ……あなた、何のつもりよ!」
「私は宮崎 幸。目的は……」

その宮崎という女が指を指したのは……

「?……」

イルシェ、そして、彼女の口からは……

「ルイア・レーゲイト。あなたの命、頂くわ……!」
「「え!?」」

驚いた。というべき事なのだろう……何故なら、イルシェがルイアだったというのだから。

「わ……私が……!?」
「ルイ……ア……!?」
「……どうしたの? 違うとでも言いたいの?」

イルシェは突然の驚きで戸惑っている…

「大鎌に、黄色の髪、そしてその服装……間違いないわ」
「何が……目的なの?」
「……私は仕事のためなら、暗殺だってするわ」
「そんな……ことのために……! 人の命をなん……だと思っているの……?」

その言葉を聞い時、彼女の手が震える

「……その言葉……実に忌まわしい……」
「え……?」
「これ以上、話していても無駄だわ……参る!」

「忍法‐冬の桜吹雪!」
凍てつく薄い氷がまるで桜吹雪のように散り、
イルシェ達を襲う…!

「くっ……!」
「うっ!……まだ……まだ! スプリントブレス!」

風が集まってくる…そして飛ばそうとするが

「甘いわね……忍術‐木の葉隠し!」

木の葉が舞うとともに、姿が消え、さらに、先ほどの風の攻撃も、かわされた。

「かわされた……!」
「それに加え…姿が……!」
「そして……忍法‐木之葉乱舞!」

舞い散った木の葉がまた舞って、今度はイルシェ達を襲った……
そして姿を現す……

「うあっ!」
「くぅっ!……プラズマクレイ!」

地面から岩が出てきて、その後、電撃が流れる。

「くはっ!……だけど……これで終わりよ!」
「え?……」
「奥義‐氷の木々!」

その時……突然現れた尖った氷の木の枝に刺さったイルシェ…

「か……は……!」
「イルシェ!!」

そして、イルシェの意識は飛んだ…… が、しかし……

『閉じた意識の中』
暗いその空間。その中でイルシェが立っている。
それも、目をつぶったまま。

――生きたいのだろう?我が主よ
「え?」

突如として語りかけてきた声に驚き、目を開くイルシェ。

――生きたいのか、そう聞いている
「……よく、わからないけど……生きたいに、決まってるじゃない・……!」
――よかろう……我の力、再びこの者に……
「(再び……?)」

そして、暗黙が晴れる……

『サーゲイト山脈』
イルシェは倒れ、その場で血を流すだけだった……
そこに、ニアラが……

「イルシェ!目を開けてよ!!」

冷たい目つきでその光景を眺めている幸。

「ねぇ……! あなた……なんで、こんな事を、平気で、するの?」

目に涙を……そして、涙まじりの声でそう言うニアラ。

「……答える必要は……ない」
「どういうことよ!!」

その時、信じがたい奇跡が起こった……
いや、奇跡というより……

「ニアラ……もういいわ」
「!?」
「……!」
「あなたが、どんな都合で、私を殺そうとしているかわからないけど……まだ死ねない……! 死ねないのよ!」
「今度は、しとめるわよ?」

「できるかな……?」

イルシェが立ち上がる速度が急にすごく早くなった。
それも、立ち上がったと同時に……宮崎の背後に……

「(速い……!)」
「フォトンランサー!」

イルシェが鎌を左回転させるとともに、電気の球体が現れ、そしてその球体が小槍のようになり……それが相手めがけて飛ぶ……

「くぁ・・・!」

そして、間髪いれず……

「ライオシュルカ!」

電気を纏った大鎌にさらに雷がぶつかり……そして、その大鎌を大振り……だが……

「私のスピードを甘く見ないで……!」

攻撃は回避され……

「忍法‐氷の花!」

いきなり、大気の温度が下がり……そして、花のような形の氷の中に……
だが……その中から、電気が暴発して、氷を砕き……その中には…一時的に、現れる雷の盾を持ったイルシェが……

「ライトニングシールド……さあ、行くわよ……!」

盾が消えると……イルシェの全身に、雷撃、電気、全ての雷が纏う……そして……

「ブレイクヴォルト!」

まず雷撃の一撃!そして、三発の雷が、宮崎に襲い掛かる!

「うああーーー!! ……」

決着がつく……
そして……



「ぅ……く……!」
「え?」

イルシェは、大鎌をしまい、そのまま近づき、手をつかみ、立たさせる……
そして、こう、幸に言われる。

「……なんで、殺さなかったの?」
「殺す理由なんて、無いじゃない」
「私は……あなたを……殺そうとしたのに……?」
「そうかしらね? だって、さっきあなたは「今度は、しとめる」って言ったじゃない」
「それは……」
「なら、最初から殺すつもりは、なかったのね。でも、あの言葉で殺すのをやめた、とも言えるね……「人の命を何だと思っている」っというね」
「……どちらにしろ、完敗だわ……私を、好きに煮るなり焼くなり好きにして」

少し微笑をして、そう言う。

「じゃあ、護衛役にでもなってもらおうかなぁ?」

と、いきなり軽い口調になって。

「え? え? ……」

それに戸惑う幸。

「だってもったいないじゃない。こんな強いのに、好きにしろって言うなら、護衛役にしないほうがおかしいじゃない」

また、軽い口調で……

「い、いいのかな?」

ニアラも戸惑って言った。

「かまわないけど……いいの? そんなことで……」
「フフッ、いいのよ」
「それなら……よろしく……」
「よろしくね!」

初めは殺意を持った者であったが……
実は優しい者であったのである……
そんな者の過去には……何があったのだろうか?
しかし、そんなことはどうでもいい……
今ではもう……心を通わす仲間なのだから……




はい、どうも。
正直思ったんですが、
出来はどうか心配だなぁwwwwwwwwww(
いまいちな気がするんだよなwwwwwww(

まあいいか。
とりあえず、この後はどんな展開になるのでしょうかね?w

(実はもう完成してるけど(オイ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/58-24775d88


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。