プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:サーゲイト山脈で、任務を遂行したが……
          それはいいことがだが、いまだに何かが引っかかっていたイルシェ達。
          ギルドに戻ってシェイルがまた報告しに行っている最中、
          少女は考えていた……

『アルカペル‐ギルド』
ギルドに戻ったイルシェたち、その広場で一人考えてる少女がいた……

「う~ん……」
「どうしたの?」
「何か……思い出しそうなのだけれどね……」
「え?ホント?」
「うん……でも、思い出せないの」
「そっか……そういえば、シェイルはまだのようね……」
「そうだね」

イルシェを見つめるニアラ……
その目はまるで……思い返しているよう……

「……何?」
「……似すぎているね……やっぱり」
「え?」
「ほら、この前の話」
「ああ、ルイアの事ね」
「うん……どうしてもそう思っちゃうよ」
「そっか……」
「でもそれは……あたしの過度な期待にすぎないのよね……」

そういうと、少し涙をすするニアラ……その時……

「大丈夫よ、ニアラ」
「え……?」

そこで、この言葉が……
「離れていても、友達じゃない……ってなんとなくだけどルイアが言っていたと思うよ」
「(その言葉……)」
「まあ、私は、記憶を取り戻さなきゃね」
「うん!絶対取り戻そ……」

盛り上がったこの雰囲気。
しかしまた、ここで空気を読まない男が……

「報告終わ……」

……感動の空気をぶち壊しにしたぞ!なんてや(バンッ!
またしばらくして……

「すまん、また確認するのを忘れた」

ニアラは顔を脹らして怒っていて黙っているご様子。
この通り、すっかりご機嫌斜め……

「まあまあ……それより、シェイル……他の所で異変は?」
「ああ、特に問題はないようだ。皆はちゃんとこなしていたらしい」
「やっぱ聞いていたの?」
「あんな事が起こったのであれば、そうでないとも限らないからな」
「それで……このあと、どうするの?」
「とりあえず、他のやつらは……各地のギルドに戻るらしい……が、俺は、気になる所がある」
「やっぱり、図書館?」
「そうだ、俺は、そこで調べている。お前らは、どうする?」
「じゃあ、こうしましょう?」
「なんだ?」
「集合場所はアクールのギルド。あたしたちは、ゆっくりうろついているから、あなたも、ゆっくりして調べてね」
「まあ、もしものことがあったら、ケータイでしらせろ」
「ケータイって?」
「簡単に言えば、通信機よ。一種の連絡方法ね。ギルドではこれが支給されるの」
「へぇ~……にしても意外と大胆ね」
「じゃあ、そうさしてもらうからな」

そして、シェイルは消えるようにどこかへ行った……
そしてイルシェ達は町をうろつく……
『アルカペル 市街地』
とりあえず、街中を歩いている……

「……で、どうするの?」
「またあの山脈に行こー!」
「さっきの……ね」
「その通り、まだ何かあるかもしれないじゃない」
「それはそうだけど……ニアラ……」
「行こー!」

なんかはりきる少女、それについてく少女。
ただ、その先に待っているのは……

『サーゲイト山脈』
先ほどの場所までたどり着いた……
さっそく文句を言う人が……

「はぁ……やっぱり疲れるぅ……」
「さっきの場所ね……でも道がまだあるね」
「え? じゃあ、行こー! 何かあるかもしれないわ」

さっきの疲れたはどこへ行った?
そう言わせるばかりの元気でそう言った。

「いいの?」
「うん、行こー!」
「(大丈夫なのかな?)」

少し、不安になるイルシェ。もちろん、別の意味で……
歩いていき、出口に差し掛かったとき……

「あら?出口みたいね」

何かが飛んでくる音がした…

「あ! ……あぶない!」

ニアラはイルシェを押して、そして……

「え?……」

刃物の刺さる音が、した。

「うぐっ!……」

その刃物は、イルシェをかばったニアラに刺さった……

「ニアラ!」
「外した……のね」

と、女の声。
この女一体……



はい、今回もひと段落で終わりましたw

ちょっぴり思ったのが、ここで区切ってよかったのかな・・・?www(オイ

まあ、そんな感じです。

次回は……どんな展開になるのでしょうか?
楽しみですね(
スポンサーサイト

コメント

ゆっくりして調べてねが
\ゆっくり調べていってね!!/
に見えた私は病気ですね分かります(

>ちろs

あーwwwたしかに見えないこともないかもねwww(

でもまあ、OKw(何

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/53-94ff52ef


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。