プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:左の道を行ったシェイルはなにやらいかにも幽霊がいそうな場所にたどりついた。
          ある人物の気配に気づいてそのことを言うが、別のやつがでてきて瞬殺(
          そして、そのある人物は幸だったが、シェイルはなにやら覚えがあるらしい。               また、その先へ行く。
          一方、戦ってる最中のニアラたちは……


『輝月城‐火気の部屋』

いきなりの炎、そして、その炎をかわすのはニアラ。

「ひゃぁ! あぶない」
「ちぃ! ちょこまかと……!」
「へっ! なかなかやるな」

そして攻撃の態勢に入った二人。

「フレイムストライク!」
「ウィンドストーム!」

ヴォルは鈍器を地面にぶつけて火柱を発生させるが、
その直後、シルベールが竜巻を起こして吹き消した。

「何!?」
「ウィングアーチ!」

即座にニアラが弓状の風を起こした。

「ぐっ! おのれ!」

ヴォルの周りに少し爆風が起こり。

「え?」
「うらぁ! バーングロム!」

炎に包まれた岩が沢山出てきて、それがニアラたちを襲う!

「うわぁ! 熱っ!」
「ちっ! まだこんな力が……!」
「この力はあんまり使いたくなかったが、こうでもしねぇとな!」

次の瞬間、魔力の威圧がニアラたちを襲う。

「ちょっ! すごい魔力だし、身に受けているだけでも持たないよ!」
「くっ! ここまでするとは何かありそうだな」
「この勝負、絶対に勝ってやるさ! あいつのためにな!」
「え、何? まさか」
「おっと、んなことは関係ねぇ! とりあえず行くぞ!」

するとニアラの目つきが変わって、さらに少しさっきみたいな雰囲気をなくした。

「……少々、頭冷やさす必要がありそう」
「ああ、そうだな」

攻撃にかかるヴォル。
その時だった。

「クロックジャック!」

時が停止した。ニアラとシルベール、そして、ある人物以外は

「おお、やっときたか」

そして、ニアラとシルベールの背後から長月が出てきた。
それにつきそっていたアルクも。

「ええ、遅くなりましたが……」
「あれ? アルク?」
「とりあえず、来た。ついでにシェイルもここにいるから」
「あー、やっと来たわね」
「そろそろですね」

停止した時は動き出した。
その時、攻撃は地面に当たったため、

「何!」
「こっちですよ」

と、長月。それとアルク。
どうやら、戦闘はこの方たちらしい。

「な……!?」
「ここからは、私が相手ですよ」
「一応だが、私もだ」
「ちょ、ちょっと、頭を冷やさすだけよ?」

焦ってそう言った。ニアラの心配する様子が丸見えだ。

「さっきの話を聞いていたらそんな事はわかります」
「安心して休んでいろ」
「わ、わかったわ」
「そっちも無茶すんなよ!」

それで、ニアラとシルベールは下がる。

「へっ! なめられたものだな!」
「でも、それは見下しすぎでもありますよ?」
「言ってくれるな?」
「じゃあ、試してみるか?」
「おう! 試さしてもらおうじゃねぇか!」

そして、武器を構える。

「スピードクロック」

アルクの移動速度を高めた。

「双刃撃!」

その後に一瞬で接近して、トマホークの二撃を当てた。
瞬時の事だったのでかわせなかった。

「ぐっ!」
「シュビルツァナイフ」

二本投げたナイフが壁に当たると四本に、そして沢山のナイフになってヴォルを襲うが、すぐさま態勢を整え、

「ぐっ! なめるな! クラッシャー!」

鈍器を地面にぶつけ、爆撃を起こし、ナイフを弾いたと共に長月にむかう。しかし、すぐにかわされた。

「何だと!?」
「貴方の攻撃、確かに威力は高いですけれど、遅すぎですよ?」
「なんだと」
「頭を冷やした方がいいですよ? クロック・ルミナーク」

ナイフを大量に投げ、時を止め、そしてナイフをまた投げ、そして、時を動かす。

「ぐはっ! くそっ――」

ヴォルは攻撃しようとするが……

「殺傷シャンデリア」

その時に、時を止めて空中に飛ぶ。そして、ナイフを大量に投げた後、時を動かし、ナイフが降り注ぎ刺さる。
それはまるで、落ちてくるシャンデリアの様に……

「ぐああああぁぁぁ!」

そして、その場に倒れる。

「うわっ! えぐい攻撃ね」
「まあ、急所ははずしたから生きてるでしょう」

笑顔でそういうと怖いっすよ。長月さん。

「(急所って……本気だったら死んじゃうわね、これは)」
「(てゆーか、私の出番、少なかったよう)」

アルク、それは仕様だから(バンッ!

「流石、やっぱりあんたには勝てる気がしねぇな」
「とりあえず、行きましょう」

その時だった。
「まち、やがれ……!」

その男は、苦し紛れに立ち上がる。
その目も、さっきの余裕な顔つきから厳しい顔つきに変わっていた。

「え? まだ立ち上がるの?」
「負けるわけには、いかねぇ! あいつの命がかかっているんだ!」

それで察したのか、ニアラが答える。

「……やっぱり、あなたの妹の事?」
「そうだ。あいつは「クリアスの病」に……」

その時、シルベールの顔色が変わった。

「何!? クリアスの病だと……!?」

その声は、何かを物語っていたが、おそらく因縁があるのだろう。

「なんだ? 「クリアスの病」って?」
「ああ、十一年前、「クリアスの滅日」という日があってな」

その病は……国一つを滅ぼす程の病。
また、その病に罹った事には気づきにくい。
なぜなら、最初は微熱程度だが、それで油断しやすい。
時間がたつと、疲労がたまり、さらには熱が急激に上がり、その熱さに耐えられず死に至る。
そんな病でクリアスという国が滅んだという。

シルベールがそう語る。その語り方はもはや深刻さを物語っていた。
そして、アルクが言う。

「……で、どうしてその病が?」
「ああ、「イルネスアント」という蟻のモンスターがいてな。そのモンスターに噛まれたらその病に陥ると言われている」
「やけに詳しいな」
「ああ、ちょっとな。治療方法はあるんだが……」
「そうだ。あと、もう少しで、それが……」
「「サンゼスの秘薬」か?」
「そんなもんじゃねぇよ。「メルティド薬」と聞いた……」

また、シルベールはそのことを聞き、表情を変えた。

「まさか、またその薬の名前がでるとは……」
「どういうことだ?」
「その薬は、服用すると、その病を強くすると言う禁断の秘薬だ」
「何!?」
「だが、その薬の影響で、治る病もあるが。あの病状となるとな」
「……きついわね」

青年はすっかり黙り込んでしまった。

「だが、まさかこんなところで役に立つとは思わなかったな」
「何?」

シルベールは、ナイフや小細工器具が入っている袋から薬を取り出して、ヴォルに渡した。

「ほら、これが「サンゼスの秘薬」だ。妹さんを大事にな」

それを黙って受け取ってしまったヴォル。
そして、シルベールはそこから黙って立ち上がり、

「行くぞ!」
「ええ」

そして行く。一つの疑惑を残して……
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/122-414da1b5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。