プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:輝月城の門番を倒し、先に進むイルシェ。
          そして、その数分後……

「ふぅ……やれやれ、やっとついた」
「あら? 少し魔力を感じるわ……これは戦った後ね」
「ええ、先ほど、結構な魔力を使っていたらしいですから」
「とりあえず……行こう」
「ああ」

そして、その頃……

『輝月城-火気の間』
下には燃え盛る火炎……
まさにそれは、温度のある部屋である……

「あちち……何、ここ……」

その時、赤髪の男が突然現れて、

「どうだ? この部屋の温度は?」
「あちぃな……で、お前は誰だ?」
「俺の名は、ヴォル・ソートニオ」
「……あ、もしかして」
「どうやら、妹が世話になったようだな?」
「やっぱり、でもよく病人を出せたわね」
「あいつはただ頑張り過ぎなだけだ……しかし、よく止められたな?」
「でも、ちょっと強引な手だったけどね」
「ハッ! まあいい……とりあえず二人でかかってきな!」
「へっ! いわれなくても行くぜ!」

また一方・・・

『輝月城-運命の別れ道』
城内だが、入ってしばらく廊下が続くが、
その途中で三つの別れ道。今、そこにいた……

「……三つの道か……どっちに行くんだ?」
「じゃあ、三つに別れましょう」

その時、下心がある二人が(バンッ!

「(シェイルと・・・)」
「(お嬢様と・・・)」

と、考えてるときに……

「(シルベールは右の道だけど……別れた可能性が高いわ……ここは……)」
「じゃあ、これで決めるか」

壁に書いたあみだくじ……
だけど、ちょっwww 複雑すぎだろww これww(

そして……決まった結果は……

「真ん中ね……」

と、サラサ。

「(右ですか……)」
「(右かよ……)」

あんたら……すごいがっかりしてるな。

「左か……じゃあ、あとでまた会おう」

と、シェイルがいう。
三つの道に別れたシェイルたち。
その頃の一方では…… 『輝月城-暗闇の部屋』
暗くて何も見えない部屋……
しかし、そこを通るのは……

「……暗い部屋だけど、電気で明かりをつければ楽勝じゃない」

電気の球を発生させて明かりの代わりにしているが……
その時である……

「だけど、それは敵を誘いやすいよ」

ちょっと女の子っぽい声がした……

「ん? 何か聞こえたかしら?」

で、電気の球を向けると、赤色の髪に、紫とピンクを合わした服装の女の子がいた。
……が、しかし、イルシェには見えなかったので、再び進もうとする。
「え? ちょっと……」
「空耳ね……」
「ちょっとちょっと!? 無視!? 絶対聞こえてるよね! ねぇ!?」

だが、本人は何も聞えなかったかのように通り過ぎる。

「え? あたいって、そんなに声小さいの?」

と、ちょっぴりがっかりしている……が、そこへ……
誰かが来た様だ……

「あ、誰か入ってきたわね」
「あらあら? 暗い部屋なら、ラッキーだわ」
「そこのあんた!」
「ん? 何かしら? というより、誰かしら?」
「あたいの名前はチュラト、侵入者を始末するために来たわよ」
「なるほど……でも、暗闇を操る程度じゃ、私には通用しないわよ?」
「へぇ~、まあ、行くよ!」

爪を構える……二人ともその武器らしい……と、何かをしたようにサラサが……

「(右ね……)」
「バートウィンド」

風を鳥の形に形成して、それが早く飛ぶが……外れたようだ。

「あら、残念」
「え? うそぉ!?」
「シュベルミョルニル!」

魔力で形成された槌で思いっきりたたきつける!

「うわぁ!」

だが、体制を整えて…

「な、なんであたいの場所が!?」
「だって、蝙蝠の超音波で、あなたの場所は丸見えよ?」
「え!? そうなの!?」
「目を瞑っていても大丈夫よ?」

というと、本当に目を瞑る。

「なっ……甘く見ないでよ!」
「なら、かかってきなさい?」
「ヴィンバード!」

風で大きな鳥を形成して、それが音速の速さで突っ込む!…

「影も残さないわね」
「残念、当たればの話よ、それ」

そう、目を瞑った状態で今の攻撃をかわした……

「う、うそぉ!?」
「さあ、チェックメイトと行きましょう」
「え? ちょ……」
「サーヴァントクライシス」

前のサーヴァントクライシスより糸の数が増えていたが……
これでは生きていられるだけ不思議だ……

「か……はっ……!」

何かの力で飛んでいたが、力尽きたので地面に落ちた。

「フフッ……さぁて、早くイルシェに会わなきゃ♪」

不快な微笑みをかわしながらそのお嬢様は行く……
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/113-f1afad1e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。