プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:ソロトに案内をさせたが、結果、結局迷ったと。
          その時現れたローシグアという者。
          アルクが相手をし、苦戦を強いられたがなんとか倒せた。
          そして、ある人物が、あることに気づく。


「ん? そういえば、ソロトという青二才、どこ行った?」

青二才って……wwww

「そういえば……どこ行ったんだ?」
「まあ、いいか。とりあえず、南の方角の城を目指そう」
「そうね」
「あ、それと、アルクはちょっと戦いは控えろ、今のでだいぶ力を使っただろうからな」
「う……うん」

ちょっとデレ顔じゃな(バンッ!
その頃、ある人物は……

「(一体何だろう……何でこっちに向かってるんだろう……?)」

そして……

「(え!? あの人は……!)」

幸が目にしたものは……

「ん……?」

突然、立ち止まるシェイル。
そして、少しその方向を見上げた……

「どうした? シェイル」
「ああ、いや……なんでもない(どこか懐かしい気配を感じたが・・・)」

そして、幸はこう思う……

「(今の……一体……どうして……?)」

あまりの衝撃だったのか、彼女は動揺していた。
その頃、イルシェたちは……
『ヘルニファルの町‐裏世界・城門前』

「……ここね」

目の前には城、というべきなのだろうか?
……まるで月で輝いているその建物の門前にいる。

「……こういう時、大体いるのよね」

その時、足音が聞こえたが……

「あ、ニアラ」

どうやらニアラたちがついたようだ……

「やっと追いついたぁ……」
「おい! 俺はどうした!」
「あ、そうだった。ごめん」
「そうだった、って……お前な……」

その時、ずっと立っていた人物が話してきた。

「あのー、無視するのはやめてくれない?」

どうやら、門番という称号がつきそうな少年。
……というべきなのか?

「あ。ごめん」
「まあ、いいですよ……僕は、ショコール」
「ほぅ……で? 門番ならあれだよな?」
「そうですね、「君たちを追い返します。」ですよね?」
「なら、いくわよ」
「いいですよ? できるのならね? ……この輝月城(きつきじょう)の守り手の一人がお相手しましょう」

武器を構える……最初に動いたのは……

「おらっ! エアスライサー!」

大量のダガーを投げた……だが、

「甘い攻撃ですね」
「それはどうかな?」

ショコールは持ってる長剣でワイヤーを斬った……

「残念ですね」
「ちっ……通用しねぇか」
「ウィンドシックル!」

風の鎌が相手を切り裂く……

「やった!」

しかし、

「どうですかね?」
「え?」

なんと、ショコールは傷を負っていなかった。

「確かに攻撃は当たりましたが。意味ありませんよ?「風」ならね」
「(「風」なら……?) サンダーヴォルト!」

猛撃の雷撃が相手を襲う!

「っ! ぐっ……! (しまった……苦手な雷属性!)」

イルシェは少し微笑をし、こういう。

「……ニアラ、シルベール、先に行きなさい」
「おい、俺らの攻撃が通用しなかったんだぜ?」
「大丈夫……それに、あいつは「風」の攻撃が通用しないって言っていたからね……それに、今の一撃で弱点がわかったわ」
「そっか、じゃあ、行こうよ、シルベール」
「ちっ、くたばんじゃねぇぞ!」

ニアラとシルベールは城内へ行く…

「……よかったの? 通して」
「止めにかかったとしても、あなたに邪魔されますから」
「わかってるじゃない、あなた、水と幻の属性?」
「はい、そうですね。しかし、それだけじゃありません」
「弱点属性以外は、無効かしら?」
「そうですね、しかし、私は守り手……弱点補正ごときで逃げるなんてことはしません」
「上等じゃない……その守り、崩してあげるわ!」

再び武器を構えて……

「クレイシールド!」

泥の盾が出てきた……

「……なるほど」
「フォトンランサー!」

電気の球が複数出てきて、それが小槍となって相手めがけて飛ぶ!

「ぐっ……アストルサース!」

水の斬撃がイルシェめがけて飛ぶが……

「……残念。この盾は魔法じゃ壊せないよ?」

そして、一気にショコールの目の前にイルシェがかかる!

「……!」
「ごめん、早く決着をつけなきゃいけないの」
「……アストラルロード!」

水の津波がイルシェを襲うが……先ほどの泥の盾で防がれ……

「な!? しま――」
「ブレイクヴォルト!」

この前出した雷撃のパターン……しかし、この間より遥かに威力が上がっていた。

「うあああぁー!」

そして、倒れる。

「さって・・・早く追いつかないと・・・」

イルシェは城内に走って入る……




さて、序章はだいたい半分ぐらい終ったかな?(
ん~・・・よくよく考えてみたら、FC2小説のやつがあったような・・・

やっぱ、そこで作品投下したほうがいいですかね・・・?(
スポンサーサイト

コメント

No title

゚+。ヒサ(〃′ω`〃)ゞヒサ。゚+.

元気そうでなによりです^^
ラテ楽しそうだねー
メイポではもうすぐシグナスパッチがくるよぉ~

私はやんないけどねー
リアもゲームもがんば!
キャッヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃キャッ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/110-f6987ed1


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。