プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:イルシェたちが壁の中へ……
          その先は、なんと、シェイルたちもいる「裏の世界」だった
          そして、刺客が現れるが、
          ニアラと幸が相手するとのことでイルシェは先に行く。
          そして、ニアラはユレア、幸はサースリアを相手に。
          結果、ニアラが勝つがこの力は……
          そんな時、ある一人の人物が来る。

「やっと見つけた……今の魔力でやっと気づいたぜ」
「あ、シルベール」
「というか! 忘れるなよ! 俺のことをよ!」
「ごめんごめん、イルシェがすぐ行っちゃうもんだから……」
「ん? そういえば、そこにぶっ倒れてるのは?」
「ああ、病人なのに、無茶しようとするから寝かしておいたわ」

シルベールは少し間を空けて、こう回答した

「ああ、そうか……それで、イルシェ達は?」
「イルシェはあの城らしき場所に向かったと思うわ……幸は……」

その本人は…

「くっ!」

もうすでに決着がついた様だ……
もちろん、幸が勝った。

「なかなかだけど、そんな腕じゃ私には勝てないわ」
「悔しいわね……でも、なんで止めを刺さないの?」
「なんでかな……もうどうでもよくなってきちゃったのかもね」

その言葉を聞いたとき、黙り込んでしまった。
おそらく、彼女は勝負に負けたら死ぬと判断したのだろう。
相手は「暗殺者」だから。

「まあ、そんなことより、気になる事があるから、かもしれないわ。そんなことより、今はあの、ユレアって人を看病したらどう?」
「……え?」
「じゃあ……」

幸はすごい速度で走り去っていった……

「……あ! ユレア、大丈夫かしら」
「こっちのはずなんだけど」
「……もしや、出口がわからないというのはないだろうな?」
「うっ! 鋭いね……ごめん、忘れちゃった」

しばしの沈黙……そして、ある人物から殺気が、
また、ある人物がその雰囲気をぶち壊した

「だめじゃん!」
「(ん? ……あ) でも、丁度良かったわ」
「どうしてだ?」

その言葉を聞いた時、殺気が消え失せた。

「シルベールに念波が届くようになったから、ちょっと待ってて」
「(やっぱり本当に念話だったんだな)……そうか」

念話をしたあと、サラサはこういう。

「どうやら、大体南の方角に城があるみたいね」
「そうか、じゃあ……行くか」
「(今のうちに逃げよう……)」

その時だった……

「そうはさせん」

男性の声がした……振り向いてみると……大体が東の国の鎧に、見えるのは鞘におさめている刀の男性。

「何者だ?」
「……敵に捕まるとは、おちた者だな……ソロト」
「ローシグア! 助けに来てくれたのか?」
「誰が助けると言った? 某は、そやつらを始末すること」
「でも、お前は……」
「そうだな、しかし……それでも某は向かうのである」
「それじゃあ、俺が出るまでもないな」

その時、少し決意した人物が、

「(私はまだ出てない……ここは、) 私が行く」
「あら、私が出ようとしていましたのに……」

長月がそういう。
しかし、シェイルはこう言う。

「いいだろう、好きにしろ」

そして、アルクが前に出る。

「女相手だとは、なめられたものだな」
「だからって、甘く見ていると痛い目見るぞ?」

ローシグアは刀を取り出した。
それと同時にアルクは小斧(トマホーク) を二つ出した。

「剣術の型‐加速剣!」

ローシグアは何かの構えをした……

「十字斬!」

アルクが斬りかかり、縦から、そして、横から振ったが……
刀で弾いた。

「やっぱりか……」
「そうだ、この型は剣の速度をを速めるのだ」
「なら、双刃撃!」
「速連剣!」

アルクは二つの小斧をクロスに構え、そして、突撃、ローシグアは剣を早く振って連続振り。しかし、結果はアルクが勝った。

「ぐっ!」
「威力はそんなでもないから……そのぐらいの力で、私の攻撃を防げるとでも?」
「……ほぅ? ……では、これならどうだ? 装甲速連剣!」

アルクは二つの小斧でガードするが、その速連剣は威力が高くなっていたので、結果、弾かれた。

「ッ!」
「すまんな、最初はそんなに力を入れてなかったのだ」
「……ならば、威力を込めて攻めるまで!」
「はたしてできるかな?」

アルクは走り出し、飛び上がる。

「散岩撃!」

アルクは斧で地面をたたきつけ、そして、その衝撃で発生して砕けた岩が飛ぶ……

「速連剣!」

しかし、飛んできた岩をさらに砕き、相殺させ……

「飛影剣!」

姿が消えたかと思うとアルクのいる近くから現れ、斬るが、アルクはとっさに両手の小斧をクロスさせガードした。

「……なかなかだな」
「そなたもな、剣術の型‐神力剣!」
刀を両手で持ち、何かの構えをした。

「(型が変わった)」
「速断剣!」

すぐ至近距離に来て、一閃断ち。
重くて早い攻撃だ。

「(重い! それに加えて速い!) 双岩撃!」

アルクは斧で地面をたたきつけ、発生した砕けた岩が今度はローシグアに向かって飛ぶが、ローシグアはそれを軽く薙ぎ払っただけでその岩が砕け相殺された。

「甘いな?」
「な、何!?」

その時、ある人物は言った……

「嘘だ……あそこまで強いはずが……!」
「……すまんな、あの時は手を抜いていた」
「え!?」
「とはいえ、負けは負け、おぬしのほうが十分に強い」
「くっ……」
「ついでに、お前と本気で戦っても意味はない、目の前にいる敵の方が本気を出しやすいからな」
「へ?」
「まあいい、本気で行かしてもらうぞ?」

少し飛び跳ねた発言をしたため動揺してたらしい。
すぐには答えられなかったが、

「……望む所だ!」
「周囲空破斬!」

剣を回して出た斬撃が相手を切り裂く。
……が、またガードの状態でアルクは持ちこたえた。

「くっ! (防ぐので精一杯だ……!)」

間髪いれずに……

「装甲速連剣!」
「(え!? あんな離れた場所で……)」

離れた場所からでも、装甲速連剣の場合は斬撃を飛ばすので結果、当たった。さらに連続としてくる上、威力も神力剣で上がっているので結果、ガードが弾かれ、本人に2発当たった……

「うあっ!」
「まだまだ行くぞ! 速断飛影斬!」

さらに間髪いれずに、先ほどの速断剣と飛影剣の組み合わせ、結果的にガードはしたがまた弾かれ、一発入った。

「うぐっ! ……紅刃岩砕斬!」

先ほどの双岩剣に加え、さらに砕けた岩が赤くなった。
そして砂煙が出るほどの威力となった。しかし……

「え!? 嘘だろ!?」

なんと、何事もなかったかのような感じで立っていた。

「そうでもない、だが、少しだけ当たっただけだ」
「……そうか、少しだけ安心した」
「それは違うな」
「え……?」

なんと、アルクの背後に立った……

「安心すらできないということだ……!」
「しま……!」
「双連断風斬!」

双方から斬撃、その大きな斬撃は防ぐ余裕もなく、アルクの身体を切り裂く。

「か……は……!」

一度倒れるが、また立つ…

「くぅ……」
「どうだ? この力の差は……?」

その様子をシェイルは黙ってみている。
そこへ……

「いいの? 放っておいて」

と、ちょっと心配するサラサ。

「フッ……あいつをなめるなよ? そこまで弱くはない……それにな、あいつは一番の負けず嫌いだからな……そうだろ? アルク」

そして、アルクはその言葉を聞いてはいなかったがこう言う。

「確かに、力の差はありすぎる……さらに勝つ可能性も少ないけどな……私は負ける気はない!」
「そうか……参るぞ!」
「岩砕滅陣!」

双岩斬に加え、突撃し、斬りかかる!
そして、砕けた岩が飛んできたがなんとかそれも防ぐローシグア。

「ぐっ! (急に力が変わっただと!?)」
「飛双撃之斧!」

二つの小斧を投げ、そしてそれがローシグア目掛けて向かう。一つだけ防げたが両手で構えているので二つ目までは防げなかった。

「ぐっ!」

そして、長月が言う。

「急に強くなりましたね」
「あれがあいつの本気だ、負けそうになるとむきになって本気になるからな、あいつは」

つまりは、追い詰められると強くなるタイプということかな?

「三刃鋼砕撃!」

最初は二つの斧で同時に攻撃するが、そのあとの一撃がきつい一撃で、剣を破壊するほどの威力となったその結果である。

「(何だと!? 剣が!)」
「派生撃!」

斧で上に飛ばされたローシグア。

「ぐはっ! まさか……!」

「そうだ、行くぞ……岩砕滅烈刃!」

先ほどの岩砕滅陣とほぼ同じだが、一つだけ違うのは、最後の一撃を喰らわす事である。

「ぐはっ!」

そして、この一撃でローシグアは戦闘不能状態に陥った……

「くっ! 流石に……きつかった」
「フッ……よくやったな、アルク」

その言葉を聞くなり、少し表情が柔らかくなったアルク。

「シェイル……」
「一応、俺らと強さが同等になってきたという事だが、今の奴に苦戦するとなると……次に来るのは対外、強くなってるものだ」
「理沙、どう?」
「まだ、余力が残る程度の力ですから……」
「流石、私の護衛ね」

その時、気づいた事があった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/108-c6623f2c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。