プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:ソロトという少年が現れて襲ってきたが、
          シェイル一人により、倒され、さらには案内役までさせられるという。
          その頃、イルシェたちは、裏道に来た……
          そして、イルシェがそこの壁に触ると、すり抜けたのだ。
          その先には……

『ヘルニファルの町-裏世界』
飛び出た先は、先ほどの裏道だが、夜みたいになっていた……

「あれ? ここは……」
「ヘルニファルに間違いはないけど、「裏の空間」といったところかしら?」
「一体、どうしてこういうものが?」
「何かの陰謀ね?」
「そうとも考えられるわね」

すると、何か感じ取ったのか。

「(この気配は……?)」
「どうしたの?」
「あ、いや……」
「そういえば、いつもより余所見が多いんじゃ?」
「ごめん、ちょっとボーっとしていただけ(違うわ、いるはずないのに……)」

その時、少し間を空けて、イルシェが何かを察知したようだ。

「それはそうとして……どうしてそこで隠れているのかしら?」

「……ばれてしまいましたか」

そして、その声の主は…大体十四才ぐらいの少女。その少女は赤い炎のように見えるその服装をしていた。

「え? 何でわかったの? イルシェ」
「フフッ……だって、流れ出した魔力があるんだもの、あなた、そんな魔力をむき出しにして隠れるのは無謀よ?」
「それなら、いたしかたありませんね……私はユレア・ソートニオ。とりあえず、ここに気づいてしまったからには見過ごすわけには行きません」
「……まだ見たいだけど?」

幸がそう言う。
するとその時、また声が聞こえた…

「あら、こっちもね……」

という、女性の声、

「へぇ、やっぱり、もう一人いたのね……あなたの方はそんなに魔力は放出してないけどその程度でも気づくわ」

そして、その女性が現れる……その女性は、紫色のドレス、というのだろうか? まあそのような服装をしていた。

「へぇ~あんた、結構すごいわね……まあ、あんたらには悪いけど、そういうことよ」
「(ん? そういえば、誰か忘れてるような……)」

その誰かさんは……
『ヘルニファルの町-広場』
一人の人が焦りながら走る……

「やっべぇ! 寝坊した! てかあいつら俺の事忘れているだろ! 絶対! 気づいていたら起こすはずだろうし……つうかどこ行った!? このままだと姫サマに合わす顔がねぇ……急いでさがさねぇと!」

やっぱり忘れられていましたとさww(

『ヘルニファルの町-裏世界』
先ほどの会話の続き……

「とりあえず、名前だけは言って置くわ、あたしの名前はサースリア・キルシミア」

すると、幸がイルシェに提案してきた。

「イルシェ……ここは私とニアラで……」
「かまわないけど、何でかしら?」
「そうだね、よく考えてみてみたら、あの館の主を倒したんだし、ここは一番火力のあるイルシェが行ったほうが効率がいい、でしょ? 幸」
「ええ、それに、結構な洞察力や、その能力なら、この空間の黒幕に会う確立は高いから、どちらにしても、誰かが行ったほうが体力残せるでしょ?」
「そうね、わかったわ」

イルシェはその場を去ろうとして……

「行かせま……ッ! ゴホッ!」

ユレアが止めに入ろうとするが……
本人は病のせいか、止められなかった。

「ユレア! 無理しちゃだめよ」
「……大丈夫です」
「病人? 休んでた方がいいんじゃないの?」
「私は動けますよ? 甘く見ないでください」
「(ユレアは身体が弱い……なら、) そこのあんた、こっちに来なさい!」
「私ね……」

二人の姿がどこかへ消える……

「あー、病人相手かぁ~……正直、本気で行けないわね」
「言った筈ですよ? 甘く見ないでくださいって……これでも強いんですよ?」
「へぇ~……」

そして、宮崎のほうでは……

「ここでやるのね?」
「あの子、ちょっとした病を持ってるの、それに、接近戦が苦手でもあるから、あたしはあんたを選んで他の場所に……」
「意外に、優しいんだ」

その言葉を聞き、少し黙るが、サースリアが……

「じゃあ、始めましょうか?」

サースリアが手を構えるが、素手じゃなさそうだ。

「レヴァントソーゼ!」

サースリアの手から水の剣らしきものを飛ばしてきた。

「忍法‐葉の水吸い」

大きな葉が現れ、それに水の剣が当たると……それが吸収された。

「何ですって……?」
「動揺したわね」

短刀を構える幸。
そして即座にサースリアの元へ接近する。

「しまった……!」
「術技‐速!」

幸は構えた短刀を振り上げ、そして即座に連続で斬った。

「うくっ!」
「(接近戦は苦手じゃないとしても、そんなには対応してないのね)」
「くっ……よくもやったわね、アカインドサッシュ!」

サースリアの手から勢いのある水が出てきて、そして、それをかわす幸。

「(甘い攻撃? ……いや、違う!)」

なんと、次の瞬間、地面に当たった部分から水が出たではないか。

「……よく気がついたわね」
「よくある事だからね」

そして、戦いはなおも続くが……
ニアラのほうでは……


渦巻く風と爆発する炎がぶつかり合う……
お互いにほぼ互角に戦っているのか? だが……

「(魔力は結構なものね、威力も早さも……でも)」
「(早い魔法に……さらにちょっとした物理攻撃……すごいけど……)」

二人はそれぞれ違ったことを考えているが、
ただ、一つだけ同じことを考えている……

「(勝てる!)」

と……、どちらも負ける気はしてないみたいだ。

「カードウィンド!」

カードを大量に投げ……

「赤い炎!」

しかし、そのカードを炎で燃やす。……しかし、
「!? どこへ!」
「上よ! ウィンドアーチ!」
弓状の風がユレアを襲う! さらに、その攻撃で上空に浮いたので……

「きゃああ!」

地面にたたきつけられる……
さらに……

「くっ……ッ! ……ゴホッ! ゲホッ!」

ユレア本人の身体は限界に近いみたいだ。

「あ、大丈夫?」
「だ……大丈夫……ゲホッ!」

ついにユレアの口から血が……

「……これ以上、身体を悪くするのは良くないわ」
「ここで退いたら……何のためにあっちを任したかわかりません……それに、粉骨砕身の覚悟で身を尽くしてでも貴女を倒しますよ?」

その言葉を聞き、ニアラは少し黙る。
そして、

「……そこまでいうなら……と言いたい所だけど」
「え?」

ニアラがいつも出しているカードとは違うカードを取り出して……

「やっぱり……病人には休んでもらわないとね」

ニアラは目の色を変えた。いや、色は変わってないが、明らかにその目からは何かを物語っていた。

「な、何を……!?」
「シルス・エンスレル」

そのカードから……霧らしき風が出て、相手の意識を奪う。

「(う……意識……が……)」

そして、意識を失ったユレアは倒れる…

「……ふぅ」

すると、元に戻る……

「まあ、こんなところ……かな」

その時、ある者がついたようだ。



さて、これぐらいだねぇ・・・
にしても、コメが・・・コメが・・・!!!(まだいうか!

一文字でもいいからコメを!!www(オイコラ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/106-8f0d1567


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。