プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:町に着いたはいいが、夜中の世界に来てしまったようだ。
          そんな中、ハーゼンウィングが襲ってきたが、長月がこれを撃破。
          そして、少年の声がしたそこを振り向いてみると、
          黒い洋服装の少年が立っていた……

「誰?」
「僕の名前は、ソロト。最も、外の人間とは違う存在だけどね」
「人間とは違う存在?」
「はぁ? あなたはもう魔力の塊みたいなものじゃない」

サラサが当たり前のようにそう口にする。

「そうだよ? で、この後どうなるかはもうわかるはずだよね?」
「さあ? どうなるのか聞いてみたいものだな? まあ、最もそれらしい雰囲気だが?」

うわっ、またで(バンッ!

「わかっているならもういいじゃないか、この先に言おうとした言葉は「この世界で人間を見たら始末しろって言われているからね」と、言おうとしたのに……」
「……十二歳ぐらいの青二才がよく言う、こういうやつはわきまえを知らないな? それならば、知らしめてやろうじゃないか」

皮肉モード全開ですよ、シェイルさん。

「もしかして……一人でやるのか?」
「無論だ、それに任せっぱなしでは身体が鈍る」
「言うね、それに準備運動代わりに戦うつもり?」
「ああ、そうだな。お前にはこれぐらいで十分だ」
「それじゃあ……逆に返り討ちにしてあげるよ」
「フッ、試してみるか?」

そういうと、シェイルは大剣を片手で持ち、ソロトはどこから出したのか、槍らしきものを持った。

「ブラインコフィン!」

急に出てきた桶が開き、そこから大きな槍が出てきたが、シェイルは片手で持った大剣をぶつけてそれを砕いた。

「何!?」
「どうした? 今の攻撃、弱すぎるぞ?」
「へぇ~、意外とできるね?」
「フンッ、そう言っていられるのも今のうちかもしれないがな?」
「何だって?」
「なぜなら、お前の力は弱すぎるからだ」
「な、何だと!?」
「今にわかるさ……アイゾライシス!」

シェイルが構えると、大剣に冷気が集まり、氷の大剣となる。
そして斬りかかるが、わざとはずして地面に刺さる……
そういうことによって、ソロトの足を凍らしてさらに砕けた氷の塊がソロトの身体に当たる……

「うあっ!」
「これで、身動きはできないな?」
「そ、そんな馬鹿な……」
「言ったはずだ、それと、この勝負はもらった……覚悟しろよ?」
「……!」
「コードサイブ」

地面から巨大な氷柱が出てきて、それを大剣で砕き、その砕いて尖った氷がソロトに当たる……

「……ッ!」

もちろん、その一撃を喰らって倒れる…

「やったの?」
「……見ればわかることだ」
「え?」
「な、なんで?」

そう、止めは刺してなかった……

「フッ、道ぐらいは理解してそうなやつだからな。さあ、外の世界へ案内してもらおうか?」
「わ、わかったよ……仕方がないなぁ」

そして、案内してもらうのだった……
またその頃……イルシェ達は……

『ヘルニファルの町‐宿屋』
外の世界のこっちでは、もう夜が明けて朝になっていた……

「あ~、よく寝たわ……」
「あ、そういえばもう三日よね」
「え? 何がですか?」
「ああ、シェイルっていうんだけど、あいつが三日後、アクールにつくからもうそろそろついてもいいかな? って思ったんだけど、」

ニアラはケータイを見る……すると、電波が圏外らしい……

「圏外みたい、ここ」
「あ、あるのね、圏外」

と、やっぱりみたいな顔をしたイルシェ。

「イルシェのケータイも圏外だと思うよ?」

※前には書いてないけど、イルシェはケータイをすでにもらっています。
イルシェはケータイを見てみると、やっぱり圏外だった。

「本当だ……」
「だから、かけるにもかけられないのよ」
「そうなの……にしても、この町って不思議な所ね」
「え? そんな不思議な所じゃないと思うけど」
「あ、そういえば、何か結構な魔力を感じるわ……でも、魔力というよりマナが近いけど……」
「まさか……そんなこと」

どうやら、宿屋について宿をとり、
そして、出かける所だったみたいだ……
……ある一人だけ除いて。

『ヘルニファルの町‐裏道』
また、なぜか、イルシェが行く先が……

「何でこんな所に? イルシェ」
「……なんとなくだけど、この壁に何かある気がしてね」
「壁がどうかしたの?」

なんと……イルシェが手を壁に当てると、すり抜けたではないか。

「……!」
「え?」
「これは……?」
「……やっぱり何かありそうね」
「え? 何これ……」
「何かの空間につながっているのかな?」
「……さっき、二つの空間があるような気がするって言ったけど、どうやら、アタリみたいね」
「……それでやっぱり?」
「行こう。見ちゃったからには、見過ごせないわ」

そして、壁に入ったその先は……


さて、ここで終了w

っと、こんなところかな・・・



最後に、だれか・・・コメください、mjd本当に・・・(
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/104-b8ea2112


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。