プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:サラサがガラベルを倒し、その先へと進む。
          そして……町についた訳だが……

『ヘルニファルの町』
なぜかさっきついていた電灯が、消えている
……それに加え、人の姿すら見当たらない。

「……おかしいな」
「まるで町に人がいないみたいだ」

その時、ある人に異変が……

「ん? お嬢様?」
「(あら? おかしいわね……シルベールに、念波が届かないわ?)」
「……で? イルシェ達は、どこにいるんだ? どっかのお嬢さん?」

その声に少しビクッ!っとするサラサ。

「(ど、どうしましょう……今頃、「どこにいるかわからない」なんて言い出せないわ)」
「お嬢様……まさか……」

長月がそう語りかけようとするが、これが墓穴を掘ることとなった。

「フッ、フフッ……たしかに、ここの辺りには、いるわね(念派は届かないけど、ここにいるのはわかるわ、うん、絶対に)」

と、すこし焦り気味で、さらに心の中でそう言い聞かせる。

「ほぅ? ……じゃあ、どこにいるんだ? 正確に答えらる、そういう自信がありそうな喋り方だったと思うんだが?」
「うっ! そ、それは……」

流石、言葉に棘があるシェイル……約800年、生きている人(?) でも傷つくほどの言葉である……

「なるほどな? どこにいるか、正確にはわからない……そういうことだな?」
「うっ!」

間髪をいれずに言葉を、

「まあ、だろうな、念波かその辺りで、正確な場所を割りだそうと考えたんだろうな?」
「うっ!」

そして、さらに、

「図星が目立ちすぎだぞ?」
「うっ! ……」

止めを刺されたお嬢様であった……本当、この人毒舌だ……

「まあ、最初この町に来てやったことは、ケータイで連絡しようとしたら圏外だったとは……どこにいるかわからないのには変わりはないか」
「そういえば……もう日が昇っても時間じゃない?」
「あ、そうですね……月がまだ真上にあります。でも、今まで経過した時間ならたぶん日が昇る時間ですが……」

その時……

「……何か聞こえないか?」
「え?」

羽ばたく音がして……黒く大きな鳥が空からやって来た…… 闇夜の怪鳥 ハーゼンヴィング

「キシャロッ!」
「ちっ、モンスターか」
「……私がお相手しましょうか?」
「じゃあ、任せたわ」

すると、シェイルは把握したように、

「……そうか、大丈夫じゃなかったら支援してやる」
「簡単な事です、ちょっとした料理みたいなものですから」
「(周りにいる人がすごすぎて私の立場が……)」

と、心の中で自分の立場について思っていたツンd(バンッ!

「じゃあ、頼む」
「では、見ててくださいよ? (特にお嬢様……)」

ちょっとくだらないこ(バンッ!
ぎゃあ!ちょ!やめ……(


+しばらくお待ちを……+


長月はナイフを構えた……

「永遠に刻むナイフ」

長月はナイフを大量に投げたが関係ない方向に投げた。
……が、時が少し止まっているうちに全てのナイフの方向を変え、
さらにはナイフを十本ほど増やして時を進め、早めて……
そして、大きな魔物はこれに囚われる。

「キシャァァ!フェェッ!」(ウィンドトルネード)

羽を強く羽ばたかせると大きな竜巻が発生
……だが、

「遅すぎですよ? 殺傷ナイフ」

ジャンプしたと思ったら、そこで時を少し止め、
ナイフを手に持って時が動き出すと同時に切り裂く……
丁度動きだした鳥はその斬撃はかわせなかった。

「フェッ!・・・」

弱ったかのように見えるが、その大きな鳥はしぶとい生命力を持っている……
どうやら、大きな威力を持った攻撃をしないと倒せないようだ……

「しぶといですね、なら、これならどうですか? サーヴァントブレイン」

時が止まったと思ったらナイフを大量に投げ、さらにナイフで斬撃を残す。
そして……時は動き出し、さらに長月はナイフで斬撃を起こす。
また、ナイフや斬撃の速度が速くなっていたので、一般の人には、長月が短剣投げで攻撃しているようにしか見えなかった。

「フィギャァ・・・」

そして、流石に、あの攻撃には耐えられなかった大きな鳥は地面に落ちた……

「す……すごい……」
「なるほどな、さっきの一撃にはナイフとその斬撃を加えて、ざっと75発といった所か……」

と、シェイルは今の攻撃が見えてたようだ。

「え? い、今の攻撃が見えてたの?」
「一応、だがな?」
「……なかなかですね、その通りです」
「目がいいのね」
「それともう一つ、時を止めたり、早くしているのも見えたぞ?」
「え? そんなことしていたのか……って、時を止める能力なんて、本当にあったとはな」
「流石です。あの人たちのチームなだけありますね」
「そうか? ……まあ、それはいいとしてだ」

シェイルは魔物の方向を向く。

「あ、確かに、町にモンスターが現れることは無いのにな……」
「もしかしてだとは思うけど、ここって町じゃないんじゃない?」
「なるほど、それもありえるな、だが、もう一つ答えなら出せる。町の内部に、「誰かが放ったモンスター」だ」
「ん~……まだ何かありそう」
「あ、そういえば、ここって結構……魔力というよりマナが満ちてます。ですから、別の空間ができてもおかしくありません」

そう言ったその時、誰かが来たのだ……

「その通り……そして、まさかネズミが紛れ込んでいるなんてね」

この声の主は……



はい、ここで終了ですww(
いやー前から入れてみたかったんだよねwwww

ナレーターがやられ(ry をwwwwww(

まあ、今回は個人的な趣味を入れてみたwww(オイ

……ん~、なんだろ?
だれかコメしないのかな? こっちにw(オイ
してもいいんだけどwてかむしろ、してもらったほうが参考になるからいいんだけどねwww(
んじゃw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rivanngaia.blog108.fc2.com/tb.php/100-932ec4bb


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。