プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:イルシェたちが壁の中へ……
          その先は、なんと、シェイルたちもいる「裏の世界」だった
          そして、刺客が現れるが、
          ニアラと幸が相手するとのことでイルシェは先に行く。
          そして、ニアラはユレア、幸はサースリアを相手に。
          結果、ニアラが勝つがこの力は……
          そんな時、ある一人の人物が来る。

「やっと見つけた……今の魔力でやっと気づいたぜ」
「あ、シルベール」
「というか! 忘れるなよ! 俺のことをよ!」
「ごめんごめん、イルシェがすぐ行っちゃうもんだから……」
「ん? そういえば、そこにぶっ倒れてるのは?」
「ああ、病人なのに、無茶しようとするから寝かしておいたわ」

シルベールは少し間を空けて、こう回答した

「ああ、そうか……それで、イルシェ達は?」
「イルシェはあの城らしき場所に向かったと思うわ……幸は……」

その本人は…

「くっ!」

もうすでに決着がついた様だ……
もちろん、幸が勝った。

「なかなかだけど、そんな腕じゃ私には勝てないわ」
「悔しいわね……でも、なんで止めを刺さないの?」
「なんでかな……もうどうでもよくなってきちゃったのかもね」

その言葉を聞いたとき、黙り込んでしまった。
おそらく、彼女は勝負に負けたら死ぬと判断したのだろう。
相手は「暗殺者」だから。

「まあ、そんなことより、気になる事があるから、かもしれないわ。そんなことより、今はあの、ユレアって人を看病したらどう?」
「……え?」
「じゃあ……」

幸はすごい速度で走り去っていった……

「……あ! ユレア、大丈夫かしら」

続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。