プロフィール

鴇沢 蒼霧

Author:鴇沢 蒼霧
↓メイポ↓主にぽぷらサバで活動wだが、引退(オイコラ

メイン:葉月亜子
Lv113
クルセイダー

メイポ引退につき、封印(?)

↓ラテール↓ルビー鯖で活動中w

蒼Shifi穹
Lv126 トレジャーハンター「弩」

剣ティーラ盾
Lv114 テンプルナイト「鈍器」

結構がんばってますw

Ludyi
Lv61 マジシャン「水」


いやー、ネカマ癖直せないねw(
ラテに行っても(オイ

☆自己紹介☆

PN:蒼霧 (フルペンネームは、鴇沢 蒼霧)

年齢:彼女いない17歳!w( 

趣味:ゲーム、小説を書く事←(ライトノベルの部類に入るけどw)

誕生日: 7月24日 

夏が嫌いなのに夏に生まれた俺wwwww(


魂の足跡


思い出の瑠潤


冷やかしボタン



最近の記事


最近のコメント


月の経歴


幻想のカテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ:行き先に迷ってるときに、レモンと会った。
          外のモンスターの様子がおかしいといわれて、
          亜子はルイネルのいる空の階段へ行くといった。
          そして、空の階段へ向かうが・・・

『空の階段1』
ここはルイネルの前にある三色犬がいる場所。
丁度そのあたりについた。

亜子「ここだねぇw」
ひなぽ「ちょ、ちょっと・・・つかれた・・・」
みぉ「う、うん、たしかに・・・」
瑠音「ん~・・・さすがに強くなってない? ここのモンスターたち」
亜子「そうだね・・・って、ありたんは?」
ひなぽ「え? あれ? どこ行ったのかな?」
みぉ「どうせあいつの事だしw迷ったんでしょwwwww」
亜子「そうかな?」
瑠音「ありたんは頑丈だから大丈夫でしょwwww」
ひなぽ「とりあえず、休憩しようよ・・・つかれた」
亜子「うん」

そして、座り込む4人。
また、会話を始める。

瑠音「そういえば、レモンが怯えてたっていってたよね」
亜子「うん、たしかに・・・そのことと関係あるのかな?」
ひなぽ「それにしてもなに? この跳び跳ね上がった強さは・・・」
みぉ「なにかあったのかな?」
亜子「・・・ルネイルのいる次の空の階段2にいってみると答えがあるかも」
ひなぽ「ん?・・・そういえば亜子sw」
亜子「何?」
ひなぽ「ルイネルのことを何でルネイルって呼んでるの?」

その時、沈黙が走る。

亜子「・・・な、ナンノコトカナ?」
ひなぽ「え? だから」
瑠音「そ、そのくらいにしていたほうが・・・w」
みぉ「まあ、呼び方間違えただけだもんね!w」

その時、グサッ!っという音がした。

瑠音「みおwwwwwwそれ行っちゃダメwwwwwwwww」
亜子「・・・orz」
みぉ「え? ああ、ごめんwww」
亜子「・・・まあとりあえず、そろそろ体力も回復してきたし、次へ――」

そのときだった。
上から大きなものが降ってきた・・・いや、正確には飛び降りてきた、か?

ひなぽ「ひゃぁっ! な、なに?」
亜子「気をつけて!」

その大きなものの正体は・・・
エリジャーだった。

みぉ「あれ!? なんでここにエリジャーが!?」
瑠音「そんなことは後! 今はエリジャーを退治するのが先!」

皆それぞれ武器を取り出た。
そして、戦闘になった。

いきなりのエリジャーの攻撃、角みたいなのをいくつも出してそれに紫色の雷撃が走る!
幸い、みんなかわせた。

ひなぽ「おっとと・・・」
みぉ「はっはー! 行くよ! ドラゴンスラッシャー!」

龍の闘気を纏った大降りの攻撃!
しかし、MISSが出た。

みぉ「え!?」
瑠音「下がって!」
みぉ「う、うん」

そしてみぉは後退して・・・

瑠音「ブランディッシュ!」

強力な二撃を何発もかますが・・・
エリジャーにダメージは少ししか聞いていないようだ。
そして、振り払われてしまう。

瑠音「きゃぁ!」
亜子「瑠音s!」

亜子がそれを受け止めて。なんとか激突は回避。

ひなぽ「瑠音s大丈夫!? ヒール!」

瑠音が受けた傷を回復。

瑠音「ん~・・・これは・・・」
亜子「明らかに強くなってるね・・・」
ひなぽ「ええ!? 大丈夫なの?」
みぉ「たしかに・・・普通なら当たるはずなのに」
ひなぽ「なら、ブレス!」

祝福の妖精が皆のステータスを上げる。

瑠音「とりあえず、瑠音さんがなんとか一撃を加えるから、亜子とみぉでかく乱してて、ひなは補助担当で」
ひなぽ「うん」
亜子「わかった、みぉ!」
みぉ「うん!」

亜子とみぉで攻撃を加えまくるが、やはり、あまり喰らってないようだ。
ダメージを食らったのをヒールで直すひなぽ。
そして、瑠音sの一撃が来る。

瑠音「はあぁぁ! パニック!」

コンボカウンターで溜められた猛烈な一撃、暗黒効果があるが、ボスなので効かなかったが、ダメージは相当行ってたらしい。

瑠音「やった! くらった!」
亜子「でも、まだ生きてる・・・」

エリジャーは立ち上がり・・・
そして、叫んだ・・・
すると、周辺にいた三色犬は黒く変化し、凶暴なルイネルと化した。

ひなぽ「え!?」
みぉ「な、何これ!?」
亜子「・・・どうやら・・・ちょっと大変ね、これは」
瑠音「うん・・・とりあえず、今の一撃を与えないと倒せないみたい」
亜子「コマかパニックか・・・コマはまだ試してないからわからないけど・・・」
瑠音「それでも・・・やるしかないよ!」
ひなぽ「そうだね」
亜子「行くよ! みぉ!」
みぉ「うん!」

先ほどのように攻撃してかく乱する。
瑠音は現れたルイネルにブランディッシュを放ち、コンボカウンターを溜める。
そして、瑠音が・・・

瑠音「行くよ! コマ!」

猛烈な混乱する一撃。
その一撃は周りのルイネルを巻き込み、エリジャーにあたり・・・
そして、ルイネルとともにエリジャーは倒れる。

ひなぽ「お、おわったぁ・・・」
みぉ「さすがに、ちょっとすごい疲れた・・・」
瑠音「亜子sの読みが当たってたね」
亜子「うん・・・でも・・・」
ひなぽ「・・・なんで、エリジャーがこんなところに」
みぉ「たしかに・・・」
瑠音「これは、ギルドに報告したほうがいいかな?」
亜子「そうだね」

そして、その場を去る・・・

続きを読む »

スポンサーサイト
前回のあらすじ:船で骨バル3体倒し、そして、オルビスにつく・・・
          そして、実家に帰り、それぞれの部屋に・・・

まずは、『部屋番号101室』

花柄と青い空を描いた内装の中、ベットは二つあった。
その部屋で楽しく会話しているのは・・・

ひなぽ「あははw そんなことがあったんだw」
瑠音「まあ、そんなところw にしても危なかったねぇw 瑠音s少しひやっとしちゃったw」
ひなぽ「あ、確かに、たむねがこなかったらどうなってたかねぇ」
瑠音「デュフフフwww 実はたむねに隠密についてるように頼んだんだw」
ひなぽ「そだったんだwww」

つづいて『部屋番号102号室』

あれ?画面が写らないな・・・(オイ
なにやらすごい抵抗してるような感じの音がするが・・・?(

画面が写らないならしかたがない!
ということで『部屋番号103号室』

まさにその部屋は夜の風景を描いた内装で、
天井には満月。というより内装だが(
その中で少し陰謀が(オイ

亜子「はははw 結構いいねぇw」
みぉ「でしょ?www そういえば、なんで行方不明になってたの?」
亜子「ちょっと事情でね、しばらく隠れなきゃいけないことになったんだ」
みぉ「どこに隠れてたの?」
亜子「・・・まだそれはいえないなぁ、まあ、いずれは話さなきゃならない事だからその時までね」
みぉ「そっかww まあ、そんな事よりwww 瑠音sとひなぽんがアーッ!なことやってたら面白くない!?www」

ちょwwww自重wwwwwwwww(
と、自分だったら言うのだが。

亜子「うんwwwたしかにwwwwww」

亜子・・・お前落ちたな・・・wwww(

とまあ、こんな会話していて1時間ほど、話し続けるのが不思議だけど・・・
部屋から出た。そして、いつものホールへ・・・

ああ、そうそう。
この家・・・というよりマンションみたいなものだが、ホールというのが言わば、玄関のようなものだ。
それで、部屋数はなんと100ぐらいある。
だが、一応ギルドの規則で2人じゃないと部屋は使えないようになっている。
ギルドというのはみんなもご存知w
オルビスではもちろんだが、各地にも同じような場所がある。
ただ、最近の技術(?)はギルドが結構持っているので、かなり各地にこういうのがある。

↑以上作った設定ですwwwwwwww(
ああ、長い説明サーセンwwwwww
本編どうぞw

ホールへ集合した6人が来る

ひなぽ「あ、来たw」
瑠音「ずいぶんおそかったじゃんw」
たむね「ああ・・・まあな・・・」
アリス「ハッハーw 結構積もる事をしたのさw」
みぉ「ありたんkmwwww」
アリス「うるせw」
亜子「それで、これからどうしようか?瑠音s」
瑠音「そうだねぇ・・・」

「おーい!そこにいるのは亜子か?」

そう聞こえた声の方向を向く。
すると、

亜子「ん?レモンだwwww久しぶりww」
レモン「ああ、久しぶりw」
ひなぽ「檸檬、何か用?」
レモン「ちょっとね、そういえば、さっき外でモンスター狩ってたんだけど、ちょっと様子が変だったんだよ」
亜子「・・・どんな風に?」

亜子は表情を変えた、何か知っているかのように・・・

レモン「ん?ああ、ちょっと怯えているように見えた。まあwそんなことぐらいかなw」
亜子「そっか、一応ありがとう」
レモン「いいってwんじゃまたw」

レモンは去っていった。
ああ、レモンは他ギルドだが、こっちに来るときがある。
そもそも、どのギルドに所属してるとは関係なく地方を選んでOkだからね
ちなみに、レモンのいるマンションはリプレ。

亜子「さて、行き先どうしようかw」
瑠音「やっぱり行き先は亜子sが決めていいよw」
亜子「え?いいの?」
みぉ「反対はないよwてかいつも亜子sがきめてるじゃんwwww」
ひなぽ「私も賛成www」
アリス「別にどこでもいいさw」

そこで、ある一人の人物が言う

たむね「ああ、そうだ。俺はいけないんだった」
ひなぽ「え?どうして?」
たむね「まあwww私事情でなww」
亜子「そっか、たむねがいると頼りになるんだけどなw」
たむね「大丈夫さwww瑠音sいるしww」
瑠音「ひなぽは体を張って守るよ!」
みぉ「ずるいよwww私もwwwww」
アリス「たたみwあとで・・・」

たむね「だが断る!」

といって逃げていった。

みぉ「ありたんZamaaaaaaaaaaam9^p^wwwwwww」
アリス「うるせwww黙れwwwwwwww」
亜子「さて、行き先はルネイルのいる空の階段1にするかな」
瑠音「OK」
ひなぽ「待って、理由は?」
亜子「ん~、さっきの話が気になるんだよね」
ひなぽ「檸檬の言ったことね」
亜子「うん、まあ行こう!」

そして、ホールのドアを開ける。



いやーwやっと更新できたよwww
最近色々忙しくてねw

まあ、そんなところ、時間の間をつかってるのさw

明日も少し忙しいからねぇw

改めて、ひなぽの小説と比べると、やっぱりひなぽは人を見る目があるなぁと・・・w
まあ、そんな所さwww

この後、どんな展開があるのかな?w
さあ、自分の知力を次回でご覧くださいw



正直、レモンの性格を少し忘れてるな、こりゃ(

一人称や二人称も忘れてるしwwww(

まあ、本人から性格の説明がくればいいんだけどなw
他にも誤ってる場所があったら遠慮なく言ってくださいwww
次回で修正されてるのでwwwww(
ああ、とりあえず、時々こういうの書きたくなったらこれをやると(オイ

ちなみにストーリーにも少し関係する「かも」w





「ん?何かしら?」

暗い空間の中で声が響く。
そして、その質問に答えるは

「いきなり話をするなんていって悪かったな、ただ、報告がしたかっただけだ」

と、男性の声。

「あら?もう居場所がつきとめられたのかしら?」
「いや、そっちじゃない・・・それに、そう簡単に見つかる事じゃないだろ?」
「それもそうね・・・で?何なのかしら?」

すると、少し間を空けて言う。

「・・・入っていいぞ?」

そして、ドアが開く音がする。

「ここかぁ~・・・」

とまだ10歳ぐらいの少女がそういいながら部屋に入る。

「・・・その子は?」
「ああ、新入り・・・とでも言おうか?」
「そういうことね・・・でも、どうしていまさら? それに、あなたが誘うなんて珍しいじゃない?」
「まあな・・・これを聞いて、そう言っていられるかな?」
「何かしら?」

すると、

「その人がこの「組織」の首相?」
「ああ。そうだ・・・ただ、偽名を扱ってるがな?」
「ふぅ~ん」
「・・・話は後回しにして欲しいわね、私が驚く事でもあるというの? それに、その子の名前は?」

男性が少し微笑をする・・・
そして、こう口にした。

「ああ、名前は・・・だ、〈都市殲滅〉の異名を持つんだ」
「都市殲滅? ・・・なるほどね・・・あの事件はあなただったのね」
「そんなでもないよぉ~・・・ただ、楽しければそれでいいということね」
「まさかあなたが、あの「たった1日でLv10の危険者になった」という噂のね・・・」
「あはは、まあ、楽しませてくれるかなぁ?」
「ええ、こちらも十分に楽しくなっていきそうな気がしてくるわ・・・今度の作戦が楽しく成功するようにね?」
「・・・まあ、無駄話はそこまでだ」
「え~、つまんないじゃん」
「そうね、とりあえずあなたの介入は認めるわ」
「ふぅ・・・それじゃあ、失礼するぞ、・・・もな」
「は~い、じゃあ、またね」

そして、その場に一人残る。

「たったの1日でlv10の危険者か・・・まあ、私は危険者の域を超えてるからいまさら関係ないけどね・・・」

そして、こういう

「この、〈厄災空絶〉の私には・・・」
さあw始まるよ!w




船から現れたのは・・・なんと!
レッサーバルログ3体!

ひなぽ「え、ちょっ!聞いてないよ!」
みぉ「や、やばいねぇwww」
アリス「だけど、ドア閉まってて逃げ場ねぇし、やるしかないな」

ということで、戦闘開始!
最初にアリスが飛び上がり、

アリス「ドラゴンスラッシャー!」

大降りのリーチのある攻撃。
それを4回繰り返して3体に当てるが、まるで聞いてないかのように飛び回る(

アリス「ちょっwwwなにこれwwww」
ひなぽ「これはやばそう・・・」
みぉ「ひなぽ、マジックガード忘れてないよねw」
ひなぽ「一応かけておいた」
みぉ「よし、ハイパーボディ」

3人の最大HPMPがあがった。
そして、三体のバルログからの攻撃が、みぉに降りかかろうとしたそのとき。

みぉ「あ、やばっ・・・あ、いいところに盾が」
アリス「え?」

3体の攻撃がアリスにクリティカルヒット!!www(
かろうじて生きてたアリス。

ひなぽ「・・・ヒール」

ひなぽがアリスの傷を癒す。

アリス「すまねぇ・・・てか何しやがるwwww」
みぉ「え?アリスだったの?ごめんwww」

わざとらしい言い方をわざわざしてるみぉん。

ひなぽ「(明らか、わざとだけど、いまはそれにつっこんでる場合じゃない)ブレス!」

3人のステータスが上がる!
そして、バルログの次の攻撃が来る
・・・その時、

「伏せて!三人とも!」

と、声がした。
その声に反応し、伏せたその時。

「ブランディッシュ!」

強力な2撃を3発かます!それにくわえ3体を巻き込む。
その影響で攻撃がキャンセルされた。
そして、3体集まってたのがそれぞれ離れた。

ひなぽ「そのスキル・・・瑠音s!?」
瑠音「そうだよ!」
アリス「出かけてたのから帰ってきたのか?」
瑠音「ひなの危機ならたとえ火の中水の中(ry でもすぐにかけつけるよ!まあ、それと出かけた用事はすましたからね」
ひなぽ「用事って?」

「私のことだよ、ひなぽ」

また、後ろから声がした。

ひなぽ「え?亜子s!?」
亜子「帰ってきたんだよ。まあ、行方知れずだったけど・・・っと、長い話をしてる暇はなさそうね」

バルログが起き上がった。
そして、襲い掛かってきた。

瑠音「ブースター、パワーガード、コンボアタック」
亜子「ブースター、パワーガード、サンダーチャージ」

二人同時に戦闘態勢に、入り、そして・・・

亜子「瑠音sはあの2体を、私はあの一体を相手にする」
瑠音「わかった!いくよ!ブランディッシュ!」

瑠音sは先ほどの強力な2撃を何回もかます。
そして、

亜子「パワーストライク!」

1次スキルとはいえ、雷の属性がついて攻撃力があがってるため。
一応、結構威力はある。
それを何発もかます。

ひなぽ「すごい・・・」
みぉ「やっぱり、強いね」
アリス「そうだなぁ・・・って」

その時だった、

瑠音「あ!」

ブランディッシュを続けてるとはいえ、1体のバルログをすかったため・・・
バルログはひなぽの方向へ・・・

アリス「ひな!あぶない!」
ひなぽ「あ・・・」

だが・・・

「トリプルスロー!」

6発の日の手裏剣がバルログを襲う!
6発なのはシャドーパートナーを使ってる影響だろう。
しかも、その攻撃でバルログは吹き飛ばされた。

ひなぽ「・・・え?」
「全く、瑠音s、ひやひやさせることをしないでくれよ」
瑠音「ああ、ごめんごめん、一体倒したから気を思わず抜いちゃったもんで」

ブランディッシュを続けた結果、1体は消えた。
さらに、

ひなぽ「たむね、助かったよ・・・」
たむね「ああ・・・無事でよかった」
アリス「にしても、やっぱり、あれだけの敵でもたむねにかかれば楽勝か」

さきほどのトリプルスローで先ほどの1体も消えた。

たむね「っと、あっちも終わったみたいだ」
亜子「ふぅ・・・」

そして、倒しきったのだ。


続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。